気になる彼に近づけたのに、デートが1回で終わってしまうこともあるでしょう。

デートができたということは、相手も決して悪い印象を持っていはいないはず。

2回目以降のデートがない場合には、1回目のデートが原因の可能性があります。

今回は、男性から「2回目はないな…」と思われてしまう女性の特徴を紹介します。

【2回目はなし?】初デートで「この子はないな」と思われる女性の言動3つ

会話が続かない

会って間もない2人の関係を深めるうえで、会話の盛り上がりは重要なポイントです。

お互いに緊張していると、思うように会話が進まないこともあるでしょう。

だからといって、男性にばかり話題を振ってもらうのはNG。

男性からすると、女性が退屈している、もしくは興味がないように見えてしまうんです。

一度、脈なしだと判断されると、2回目のデートも誘いづらくなります。

緊張していても、ささいな質問をするだけで、相手への興味を示すことができるはず。

どうしても緊張が解けない場合には、素直に「緊張している」と伝えてみてくださいね。

リアクションが薄い

初めてのデートは、相手の好意を確認する場でもあります。

ここで好意が伝わらないと、脈なしと判断されてしまう可能性も……。

たとえば、デートの会話で、彼が質問してきたり、話題を振ってくれたりするでしょう。

そうした態度は、男性なりの気遣いや興味の表現である可能性が高いです。

それに対して、ただ相槌を打つだけなど、女性側のリアクションが少ないと、男性に対する興味を示すことはできません。

女性側も緊張するかもしれませんが、出来るだけリアクションは大きくするのがオススメ。

「へえー、初めて知りました!」「いいなあ、私も行ってみたい」など、なるべくポジティブな反応を心掛けてみて。

会話が盛り上がれば、2回目のデートも期待できるでしょう。

挨拶やお礼が言えない

初めてのデートは、男性側もかなり気負っているはず。

女性のためにデートプランを考えたり、食事を奢ったりするでしょう。

そんな彼に、はっきりと挨拶やお礼を伝えることが、デートの印象を左右します。

もちろん「おごってもらって当たり前」という態度の人は少ないかもしれません。

しかし、「ありがとう」とお礼を口に出すことが大事なんです。

ほかにも、「とっても美味しかったです!」などひと言加えられると、さらに印象がよくなるはず。

帰宅したら、デートのお礼LINEを送るのも忘れないようにしましょう。

2回目のデートに繋げるには…?

デートでの印象を良くするためには、最低限のマナーと会話を成り立たせることがポイントです。

1回目のデートでいい印象を残せば、おそらく相手から2回目のデートのお誘いが来るはず。

チャンスを増やすためにも、1回目のデートを大切にしてくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)