不思議なことに、浮気をする男性の方が言い訳が上手だったりすることも。

浮気されて怒っていたのに上手く丸め込まれる……という経験がある人もいるのではないでしょうか。

今回は、浮気男が使いがちな言い訳を5つご紹介します。

今更なに言ってんの…?浮気男が使いがちな言い訳5つ

「あれは間違いだから」

浮気をしたのはすべて自分なのに、「間違いだった」と自分の行いをごまかそうとする男性もいるようです。

本来ならば、間違いを犯す前に「これは間違いだ」と気付き、道を改めるのは大人としての選択でしょう。

それができないような男性は、浮気以外にも間違いと言い訳を繰り返す未来が見えそうですね。

「もう絶対にしない」

浮気した男性の多くが、「もう絶対しない」と言って許しを請うようです。

しかし、絶対と言い切れるものでしょうか。

人生にはなにが起こるかわかりませんし、1回目の浮気もそのうちの一つでしょう。

なんの具体性もない「絶対にしない」発言は聞き流しておくのがベストかもしれませんね。

「本当に大事なのは○○だけ」

本当に大事に思っているのであれば、そもそも浮気なんてしないはず。

大事に思っていても、それ以外にも大切なものがあるから浮気したのでしょう。

浮気男にかぎって「本当に大事なのは○○だけ」や「○○が本命だよ」など、浮気相手が2番手で彼女が本命だからと安心させようとすることも。

うれしくて許してしまいそうですが、本当にそれでいいのか考え直してみましょう。

「別れたくない」

浮気をしたのは自分自身であるにも関わらず、別れるのはいやだという子どものようなわがままを言う男性も。

「浮気をした自分ではなく、浮気を許さない彼女側に問題がある」といった責任転換が見え隠れするケースです。

思惑通り自分を責める……なんてことがないよう、冷静さを忘れないようにしましょう。

「傷つけるつもりはなかった」

浮気をすれば、彼女が傷つくことくらい誰にだってわかるはず。

しかし浮気がバレて初めて「そんなつもりじゃなかった」と言う男性います。

そんなつもりでなければ、バレなければなにをしてもいいと思っている可能性が高いです。

自分の行動がどんな影響を及ぼすのか考えられていないのかもしれません。

浮気常習犯を見抜こう

浮気はされる側にも問題があるといいますが、それでも向き合おうとせず行動に移した方が悪いのは明らかでしょう。

どんな言い訳をされても、反省してる姿を見せられても、無理に許す必要はありません。

自分の気持ちを一番に大切にしながら、彼と向き合っていけるといいですね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)