気になる人にとって、自分が脈ありかどうかって気になりますよね。

じつは、それがLINEから判断できる場合があるようです。

今回は、男性が「本命女性に送るLINEの特徴」をご紹介します。

当てはまるものがあれば、彼にとってあなたは本命なのかもしれません。

これがあったら脈あり!「本命女性に送るLINE」の特徴3選

疑問系で終わらせる

「気になる子とのLINEではついつい『?』を多用しちゃいます。『元気?』『忙しい?』『迎えに行こうか?』とか。

疑問系で送れば返事が来るかなって期待してます」(25歳男性/コンサル)

女性から男性にやたらと疑問系でLINEを送るのは「探られてるみたい」と不評なことが多いですが、男性も気になる相手には「?」を多用するようです。

好きな女性にアピールしたいので、要望を聞き出している場合も多いんだとか。

「明日何時だっけ?」など、単なる情報確認以外の「?」は、男性からの関心・好意に比例するようです。

個人チャットで名前を呼ぶ

「好きな子が相手だと、LINEの文章も結構考えて書いてます。

無愛想に思われたくないし、『君と話してる』っていうのを分かってほしいから相手の名前はちゃんと入れますね。

LINEのトークなんて1対1だから、名前を呼ばなくても成り立つけど、呼びたくなっちゃうんですよね」(28歳男性/IT関係)

「個人チャットであえて相手の名前を呼ぶ」のは脈ありサインです。

相手との距離を感じるときや、緊張しているときは相手の名前を呼ばない人も多いでしょう。

名前で呼ぶと、「しっかり向き合ってる感」も出ると思っている男性もいるようです。

たくさん呼んでくれるほど脈あり度高めですよ。

会う方向に話を進める

「好きな子と連絡が取れるだけでもうれしいけど、やっぱり会わないと話にならないでしょ。

だから、連絡するときはできるだけ、会う方向に話を持っていきますね。

いきなり『○○に行こー』とは言わないけど、好きな食べものとか行ってみたいスポットの話を聞いて『じゃあ今度一緒に』って流れが多いかな」(26歳男性/人材派遣)

男性は、好きな女性には「?」を使う、と先ほど書きましたが、それは「会う方向に話を進める」ためであることも。

男性が女性に「会って時間を使う」ことは、本気度高めの脈ありサイン。

LINEは会う約束をするためのツールと考えている男性が多いようです。

逆に、ただの雑談だけのラリーが続いているうちは「親しいけど脈はない」状態かもしれません。

文量よりも内容が大事

メッセージが短いから脈なし、多いから脈あり、というわけではありません。

多くの男性は、本命の女性と「LINEを使って距離を縮めたい」と思っています。

大事なのは内容なので、彼が自分をどう思っているのか、しっかり確認してみてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)