別れる前には、なにかしらの前兆がある場合がほとんど。

気のせいだと思って見えないフリをしていては、破局へまっしぐらかもしれません。

今回は、男性が「本気で別れたい」と思っているときの言動をご紹介します。

修復はムリ?男性が「本気で別れたい」と思っているときの言動

「忙しいから会えない」

彼から「忙しい」と言われることが増えた……なんてことはありませんか?

社会人として働いているのであれば、本当に忙しいときもあるでしょう。

しかしたいていの場合、「忙しい」のには理由と期限がつくものです。

「仕事が立て込んでて1ヵ月ぐらい忙しい」「後輩の面倒見なきゃだから今週は忙しい」など、期限と理由がわかれば納得できるはず。

それにもかかわらず、ずっと「忙しい」の一点張りなら危険かもしれません。

忙しいのを口実に、会う時間を作らないようにしようとしている可能性があります。

「最近面白い子がいて」

恋人がいても、ほかの異性に心惹かれることもないとはいえません。

しかし恋人を愛しているのなら、その気持ちは隠しておくものでしょう。

彼が「最近○○さんが~」や「面白い子がいて」など、ほかの女性の話題を口にするようになったなら、それは別れたいときのサインかもしれません。

会話の内容や状況で判断するのもよさそうですね。

「そういうところが嫌い」

「そういうところが嫌い」

仲が深まれば深まるほど、相手のいやな面が目に付くこともあるでしょう。

それでも別れるつもりがなければ、嫌いとは直接言うことは少ないはず。

あれも嫌い、これも嫌いと「嫌い」の数が増えたときには要注意です。

別れの原因を相手に押し付けようとしていることも。

嫌いと言われることが増えたら、これはお別れが近いサインかもしれませんよ。

きちんと向き合って

男性が別れを考えているときは、わかりやすく言動で示すことが多いようです。

見て見ぬフリをせず、彼にきちんと向き合ってみましょう。

できることからやっていくのがいいかもしれませんね。

(如月柊/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)