友達から恋愛に発展するのは難しいと言われています。

しかし、実際に友達から恋人になったカップルも多くいますよね。

今回は、「友達に恋心を抱いた瞬間」をご紹介します!

恋愛に発展した理由を知ることで、気になる彼との関係をステップアップさせられるかもしれません。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

【友達関係は卒業!】恋人候補にステップアップした瞬間4つ

困っている姿を見たとき

「女友達から『どうも彼氏に浮気されてるみたい』って恋愛相談を受けたんです。

冗談かもしれないけど、『〇〇くんが彼氏だったらよかったのにな』って言われたとき、急に恋愛対象として意識しました。気付いたら『俺と付き合う?』って言ってました」(29歳男性/広報)

恋愛相談をしていると感情移入してしまうもの。

とくに、仲の良い女性が辛い目に遭っていると、ついつい親身に相談に乗ってしまうんだとか。

恋愛相談だけでなく、困っているところを助けたいという気持ちが、恋愛感情に繋がるケースがあるようです。

ちょっと大きめの悩みができたときは、気になる彼に相談してみるといいでしょう。

イメチェンしたとき

「友達だからこそ、見慣れない姿にドキッとしました。いつもはコンタクトの女友達がメガネをかけたときは、心奪われちゃいましたね」(27歳男性/医療事務)

頻繁に顔を合わせている友達だと、ファッションやメイクもある程度見慣れてしまうもの。

だからこそ、ちょっとしたイメチェンが効果を発揮するようです。

メガネだけではなく、部屋着姿やヘアスタイルの変化にドキッとするという声が聞かれました。

また、容姿の変化だけでなく、「親しいから見れる特別な姿」だと意識させるのがポイントでしょう。

急に距離が縮まったとき

「夏にバーベキューをしたとき、一緒に写真をとったんですよ。そのときに『見せて!』ってスマホを覗いてきた彼女との距離が思ったよりも近くて、ドキッとしたことがあります」(26歳男性/営業)

友達同士だと、無意識に距離が縮まることもあるでしょう。

ふとした瞬間に、距離の近さを自覚してドキドキすることもあるようです。

他にも、「距離が近いから髪の毛の匂いがふわっとして、意識した」といった意見もありました。

急に距離が縮まったときのために、いい香りをまとうのもありかもしれませんね。

ずっと一緒にいたいと感じたとき

「一緒にふざけて笑ってるときに『こんな彼女がいたら楽しいだろうな』ってふと思ったことがあります。いつも一緒にいるからこそ、安心感があったのかもしれない。

彼女とならずっと笑って付き合っていけるって思ったときが惚れた瞬間でしょうね」(30歳男性/インストラクター)

男性にとっても、ふざけあえる異性の友達は貴重な存在です。

また、形式張った恋愛ではなく、友達のような付き合い方を好む男性もいます。

そういった男性にはいいアプローチ方法と言えそうです。

しかし、人によっては友達としか見れない、と恋愛対象外になってしまうこともあるでしょう。

気になる彼の恋愛傾向をさりげなくチェックした方がいいかもしれませんね。

恋人候補になるには…?

いつもとは違う一面を見せると関係性が少し変わることがあるようです。

気になる男友達がいる場合は、ちょっと新しい一面を見せるといいでしょう。

また友人であることを活かして、彼の恋愛傾向や好みのタイプを研究するのもいいかもしれませんね。

(草薙つむぐ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)