深い意味のない発言でも、聞き手によっては傷つくことがあるようです。

何気ない会話のなかで、相手を不安な気持ちにさせている可能性があります。

今回は、男性が傷つく彼女からの言葉をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

じつはショック受けてます…男性が傷つく「彼女からの言葉」って?

「昔はかっこよかった」

付き合いが長くなると、年を重ね、見た目や趣味が変わるのも当然のことでしょう。

お互いに出会った頃とまったく変わらない、というのは難しいことです。

そんなとき「昔はかっこよかったのに」と言われれば、傷つく男性は多くいます。

時間が経つにつれ、見た目に変化が出てくるのは、男性も女性も同じことですよね。

変わった部分を指摘するよりも、お互いの変化を愛せてこそ、本当の愛だといえるのではないでしょうか。

「先に好きになったのは○○くんじゃん」

自分の意見を通したいときやわがままを言いたいときに、「私のことを先に好きになったのは○○くんじゃん」と言って、優位に立とうとする女性も。

それが事実だとしても、「惚れた弱み」につけ込むのは、あまりよいことではありません。

勇気を持って告白したのに、なにかにつけてそう言われていると、彼は告白したこと自体を後悔する可能性があります。

2人の関係を良好に保ちたいなら、「どちらが上ということはない」ことを念頭に置きましょう。

いつも思いやりと尊敬を持ち、対等に接することが大切です。

「さすがにそれはやばいでしょ」

男性のなかには、女性から「頼りになる」「しっかりしている」と思われるのをうれしく感じる人が多いです。

反対に、ばかにされたり、見下されたりすることに対してはかなり敏感なのだとか。

仲が良く気心知れたカップルであれば、つい冗談として「それはやばいでしょ」などと言ってしまうかもしれません。

たとえ冗談だとしても、深く傷つくという男性も。

どれだけ仲が良くなっても、相手の気持ちに立つのは忘れずにいたいものです。

親しき中にも礼儀あり!

相手に対して気を遣わない関係になってくると、無意識に傷つける発言をしてしまっているかもしれません。

仲が深まってきたときこそ、意識して会話するようにしましょう。

お互いに対する思いやりを忘れなければ、自然に長続き支えられるはずですよ。

(如月柊/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)