気になる男性とデートをしても、次につながらない……なんてこともあるでしょう。

デート中の言動に、なにか原因があったのかもしれません。

そこで今回は、デート中にマイナスイメージを与えてしまう女性の特徴をご紹介します。

デート中にマイナスイメージを与えてしまう女性3選

デリカシーのない恋愛話をする女性

気になっている男性と恋愛話をすることは、お互いを意識しだすきっかけになります。

しかし、つい相手に踏み込みすぎると逆効果になってしまうことも。

過去の恋愛にトラウマを持っている男性や恋愛経験が少ないことをコンプレックスに思っている男性は、恋愛話で傷ついてしまう可能性があります。

たとえば、「これまで何人と付き合ってきたの?」「どんなフェチなの?」など、地雷を踏みそうな質問は避けましょう。

男性の反応を見て、深堀りするかどうかを決めることも重要ですよ。

人の悪口ばかり言う女性

心を開き始めるとやりがちなのが、人の悪口。

デート中に、上司や元カレの悪口を聞かされても全く楽しくありません。

男性がとくに「嫌だなあ」と思うのが、元カレの悪口なんだとか。

「プレゼントのセンスがダサかった」「なにかと女々しかった」という話を聞かされると、「自分が付き合ったとしても、こんなふうに言われるんだろうな」と付き合う前からげんなりするはず。

ネガティブな話題ではなく、楽しい話をした方が断然好印象を与えられるでしょう。

反応がうすい女性

デート中に男性が恐れることの定番は、「会話が続かない沈黙」です。

会話を絶やさないように気を使って、女性にいろいろな質問をするという男性も。

その質問に対する女性の反応が素っ気ないと、男性は「自分といても楽しくないのかな……」と思ってしまいます。

もしも人見知りで上手く話せないのであれば、最初に勇気を出して「人見知りが悩み」と伝えてみましょう。

そうすることでお互い肩の力が抜け、リラックスして過ごせるでしょう。

デートで好印象を!

デート相手の男性がなんだか楽しそうではないなと思ったときには、これらのことを無意識にしていないか注意してみてください。

男性に悪印象な言動を避けることで、次につながることも増えるでしょう。

ぜひ頭に入れておいてくださいね。

(野瀬 研人/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)