気になる人ができると、相手にどう思われているか気になるものでしょう。

彼の行動に注目すれば、気持ちがわかる場合もあるようですよ。

今回は、男性に「恋愛対象として意識している女性にすること」を聞いてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

当てはまったら脈あり♡男性が意識している女性にすること

ささいなことも気に掛ける

「女性として見てる子のことは、プライベートなこともなんでも気になっちゃいますね。細身の子だと、つい『最近ちゃんとごはん食べてる?』とか聞いちゃいます」(27歳男性/不動産)

恋愛対象として見ている女性には、細かいことでも気にしてしまうという男性が多かったです。

ほかにも眠そうにしていたら「ちゃんと寝てる?」などと声をかけることもあるのだとか。

体調を気遣ったりと、何気ない質問をすることが増えるようなら、それは彼らなりの好意の表れなのかもしれませんね。

女性全体を主語にほめる

「いいなって子に対しては『ここの会社の女の子ってみんな気が利くよね』って感じで、女性をほめる発言をすることが多いですね。

逆に恋愛対象外の人には、『女の人ってすぐ拗ねるよね』とか、女性に対するマイナスな発言も平気でしちゃうかも」(32歳男性/公務員)

相手に気に入られたいと思う場合は、女性全体をほめるなど、ポジティブな話題を選ぶことが多いようです。

反対になんとも思っていない相手には、なにも考えず話すので、マイナスな発言になることも。

直接ほめられないからこそ、主語を大きくしてほめ言葉を伝えているのかもしれません。

2人で出かけようとしない

「2人で出かけるとデートって思っちゃうから、いいなって思う子を不用意に遊びに誘わないようにしています。

女性として意識していない子のほうが、ちょっと暇なときとかに気軽に誘えるし、誘われたときも深く考えずOKしますね」(33歳男性/医療)

2人に気軽に遊びに行ける仲だからといって、必ずしも恋愛対象だとはかぎらないようです。

恋愛対象の女性だと思うと、かえって意識してしまってデートには誘えないという人も。

2人でどこかに行く約束をしていないからといって、諦める必要はないのかもしれません。

観察と見極めを意識しよう!

男性のなかには、好きな女性には特別扱いしてしまうという人が多いようです。

相手の行動をよく観察すると、なにかわかるかもしれませんね。

しっかり見極め、気持ちを確かめてみましょう!

(恋愛メディア・愛カツ編集部)