好きな人ができても、なんとなく脈がなさそうだと思うと、どうすればいいのかわからなくなることもあるでしょう。

とはいっても、すぐに諦められるほど簡単ではないはず。

今回は、男性が女性を恋愛対象として意識する瞬間をご紹介します。

脈なしから進展♡男性が女性を恋愛対象として意識する瞬間

いいところをほめられたとき

どんな相手にでも、ほめられていやだと感じることは少ないでしょう。

もし彼と話す時間があるのなら、相手のよさを見つけ、ほめるようにするといいかもしれません。

「○○さんは仕事ができるから」「○○さんは優しいよね」など、相手の行動に基づいたほめ言葉を選べるといいですね。

人は自分を認めてくれた相手に興味を示す傾向があります。

ルックスよりも相手の内面に目を向けられると、彼は「ちゃんと見てくれている人がいるんだ」と喜んでくれるはずですよ。

接点が増えたと感じたとき

相手と信頼を積み重ねるには時間がかかります。

焦ったところで気まずくなってしまい、関係に無理が出てくることも。

早く仲よくなろうとする必要はありませんが、彼とできるだけ同じ時間を過ごすことを意識しましょう。

関わる時間が長くなるほど、その相手の存在が気になるようになりやすいもの。

無理にアプローチするのではなく、毎日のあいさつを欠かさないなど、できることから始めてみましょう!

信頼できると感じたとき

相手が脈なしなのは、まだあなたのことを知らないからかもしれません。

連絡先を交換したのなら、自分からお誘いをしたり、相手と世間話をして距離を縮めたり、積極的に行動してみましょう。

さらに、魅力を引き出すためにも仕事を頑張ったり、共通点を見つけて打ち解けたりするのもポイント。

相手のことがわかるようになってくると、それが信頼になることも。

信頼を積み重ねられると、男性はあなたのことが徐々に気になっていくはずですよ。

焦りは禁物!

とにかくグイグイと、むやみにアプローチを続けるのは逆効果かもしれません。

2人の関係を客観視しつつ、いま自分にできることを考えてみましょう。

焦らずじっくり距離を縮められるといいですね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)