男性のなかには、都合のいい存在になりそうな女性を探していたり、彼女を振り回したりするような人も。

アプローチされている時点ではわかりにくいかもしれませんが、できることならきちんと見極めたいもの。

今回は、付き合わないほうがいい「ダメ男」の特徴をご紹介します。

幸せになれない…付き合わないほうがいい「ダメ男」の特徴

自分勝手で逆ギレが多い

お誘いされて、「ごめん、その日は行けない」と断ったとき、理由も聞かずに「なんで?」などと怒り気味に詰めてくる男性には要注意です。

付き合う前から、自分の思い通りにことが運ばないと機嫌が悪くなり怒り出すのは、モラハラ予備軍かもしれません。

こういった態度は、付き合うとさらにあからさまになっていくでしょう。

結婚したあとになって、夫のモラハラに苦しんでいる女性もたくさんいます。

相手を尊重できない男性は、ダメ男の可能性が高いと思ってもよさそうですね。

しつこく諦めが悪い

相手からのアプローチをウケ、悩んでいたり断ったりしているのに、しつこく誘ってくる男性には気を付けましょう。

このような男性は、束縛魔やストーカーになる危険性があります。

相手の気持ちにおかまいなしで迫るのは、自分のことしか考えられない自己中心的な性格のせいかも。

「押せばなんとかなる」と考えている男性は、自分がどう思われているかもあまり気にしないのだとか。

付き合うとさらにきつい束縛をしたり、あなたの気持ちを考えず突っ走ったりと、うまくいかない可能性があります。

優柔不断で人まかせ

LINEや会話で話が盛り上がり、デートの約束までもう一歩のところでモヤモヤが残る……という経験はありませんか?

たとえば「今度会おうよ」と誘っておきながら、「いつがいい?どこ行く?」と最終決定をこちらに委ねてきたり、あなたが出した案に「んー、やっぱりイタリアンはやめない?」と後日連絡してきたり……。

なにかと優柔不断な男性は、いざデートしてもグダグダになる可能性も。

決断ができなかったり迷いが多かったりするのは、人への依存心の表れでしょう。

付き合ってもなんでも相手まかせなので、疲れることが増えるかもしれませんね。

違和感から目をそらさないで

アプローチしてくる男性のなかには、付き合ってから不幸にさせるような人がいるかもしれません。

そのときの感情だけで舞い上がるのではなく、きちんと冷静に見極めましょう。

違和感を抱いたときには、そっと離れることも必要になりそうですね。

(かりん/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)