いくら付き合っていて気を遣わない仲になったからといって、なにを言ってもいいわけではありません。

もしかすると、何気ない発言で彼を不安にさせているかもしれませんよ。

今回は、彼氏を不安にさせる発言をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

別れも考える…彼氏を不安にさせる発言3つ

「あの人はこうなんだって」

ほかの男性と比較して「あの人は○○らしいよ」と言うのは、「あの人は○○できるのに、あなたはできない」と捉えられることも。

自分を下に見ているようなことを言われて、悪い気にならない人はいないはず。

彼氏に「前の彼女はこうしてくれた」や「あの人はこうらしいよ」なんて言われたら、腹が立つでしょう。

人は誰でも得意なこともあれば不得意なこともあります。

何気ない雑談のつもりでも、彼を遠回しに否定していないか注意しましょう。

「こんなことも知らないの?」

男性は見栄を張りがちな生き物です。

彼女に「こんなことも知らないの?」や「こんなこともできないの?」と言われると、プライドが傷つくのだとか。

自分が知っていることを、誰もが知っていると思うのはNG。

世のなかにある知識は膨大なので、知らないことがあったり、できないことがあったりするのも不思議ではありません。

相手をけなすのではなく、自分から教えてあげるつもりで優しく接しましょう。

「恋愛より仕事が大事」

仕事がノリノリのとき、つい「今は恋愛より仕事が大事」と言ってしまったことはありませんか?

彼からすれば、「俺より仕事の方が優先なんだな」って思ってしまうかも。

仕事や転勤のためなら、自分と別れてまでそちらを優先されるんじゃないかと思い、不安になる男性もいるようです。

何事においても、優劣をつけるような発言は控えたほうがいいかもしれません。

ずっと一緒にいたいのなら

相手に気を遣わない関係になると、思っていることを口にしてしまいがちに。

顔には出さなくても、相手を傷つけている可能性もあります。

安定した関係を目指すのなら、思いやりを忘れずにいましょう。

(如月柊/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)