運命の人がいるならば、その人と付き合いたい!と思う方も多いかもしれませんね。

しかし、運命の人と巡り会うのは簡単なことではありません。

ぼんやりしていると、見過ごしてしまうこともあります。

今回は、女性の12星座別に「運命の人に出会うサイン」をご紹介します。

星座によって吉凶いろいろなサインあるので、しっかり頭に入れておいてください!

12星座で占う!運命の人に出会うときのサイン

おひつじ座(3/21~4/19)

【トラブルが増える】

おひつじ座は、戦いの星・火星を守護星に持つ星座。

そのため、運命の出会いが近づくと、不思議とトラブルや揉めごとが増える傾向にあります。

運命の相手とは、そのトラブルをきっかけに出会うかもしれません。

最初は印象が悪くても、根気強く関わることが大事です。

おうし座(4/20~5/20)

【食の好みが変わる】

もし好きな味や匂いが変わったら、運命の出会いはすぐそこまで来ています。

食の好みが同じの男性とも相性がいいでしょう。

異性のタイプに関係なく、共通点の多さを意識してみて。

ふたご座(5/21~6/21)

【新しい話題や面白い誘いが舞い込む】

運命の出会いが近づくと、新しい話題や面白そうな誘いが次々と舞い込んでくるでしょう。

直感でいいなと思ったら、迷わずアプローチしてみて。

ステキな異性とお付き合いできるかもしれません。

かに座(6/22~7/22)

【おうち時間が増える】

運命の出会いが近づくと、体調を崩して寝込んだり、在宅ワークを始めることになったり、家で過ごす時間が増えるでしょう。

そんななか、連絡をくれる男性は、有力な恋人候補かも。

強がらずに甘えてみてくださいね。

しし座(7/23~8/22)

【注目を浴びる】

自覚がない方でも、注目を浴びる瞬間が訪れたら、運命の出会いが接近しているサインです。

自分では気づいていない魅力や能力を引き出してくれた男性と、恋に落ちそう。

次第に、魅力あふれる女性へと変身するでしょう。

おとめ座(8/23~9/22)

【ミスや失敗を連発】

珍しく失敗やポカを連発するのは、運命の出会いが近づいているサインです。

今は勉強や仕事ではなく、恋を楽しむときですよと運命が告げているみたい。

ミスをさりげなくフォローしてくれた彼といいムードになるでしょう。

てんびん座(9/23~10/23)

【避けていた色やデザインに興味がわく】

運命の人との出会いが近づくと、今まで似合わないと避けてきた色やデザインの服に心惹かれるでしょう。

思い切ったイメチェンも、ロマンスを呼ぶトリガーになるはず。

好みが違う彼との出会いで、さらに魅力がアップしそうです。

さそり座(10/24~11/21)

【取り組んでいたことが終わる】

さそり座は、一途に物事に取り組むタイプ。

これまで熱意を注いできた取り組みが終了したときが、恋のチャンスかもしれません。

燃え尽き症候群になったときに出会う男性が、運命の人でしょう。

ほかにも、大事なものを探している最中に出会う可能性もあります。

いて座(11/22~12/21)

【人恋しくなる】

本来はいろいろな恋を楽しみたいと思っているかもしれません。

しかし、運命の人に出会うときは、やたら人恋しい気持ちになりそう。

寂しいと思ったときに現れる人や、ふと顔が思い浮かんだ人が運命の相手でしょう。

やぎ座(12/22~1/18)

【1人が物足りなく感じる】

孤独にも強い傾向があっても、急に寂しさを感じたら運命の人と出会うサインです。

その気持ちをスルーせず、婚活イベントや合コンに参加するなど、出会いを探しに行くといいかもしれません。

みずがめ座(1/20~2/20)

【仲間や親友と離れ離れになる】

大事な友人と離れる瞬間が、運命の出会いが近づいたサインかもしれません。

ポッカリあいた心の穴を埋めてくれる男性が、現れるでしょう。

きっと唯一無二の存在になるはず。

うお座(2/19~3/20)

【懐かしい曲がリフレイン】

運命の人が近づいてくると、懐かしい曲を思い出すでしょう。

行く先々でその曲がリフレインして、胸が締め付けられる思いがするかもしれません。

運命の人出会うことで、次第に音楽が聞こえなくなっていくはずです。

運命は不親切

運命は「こんにちは」と自分から挨拶してくれるほど、親切ではありません。

気がついたら、運命の人との出会いを見過ごしていた……ということもあります。

だからこそ、自身でしっかり気づくことが大切です。

今回の記事を参考にして、運命の赤い糸をキャッチして、幸せになってくださいね。

(涼月くじら/占い師)

(愛カツ編集部)