好きな男性ができると、相手の気持ちが気になるのは自然なことでしょう。

なかには何度もデートを重ねていても脈なし……なんてこともあるようです。

今回は、男性が脈なしのときに見せる言動をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

いい感じだと思ってたのに?男性が脈なしのときに見せる言動

デートに誘わない

デートに誘うのがいつも自分からという場合、彼は恋愛感情を持っていないかもしれません。

いくら奥手な男性でも、自分からデートに誘うこともあるのだとか。

連絡をしたら返事をくれる、誘いに応じてくれるのというのはただの優しさであって、それが脈ありだとはいえないでしょう。

会話を覚えていない

気になっている人との話は、ささいな話題だとしてもその内容も覚えている人が多いでしょう。

盛り上がったはずの会話の内容を覚えてくれていないなら、興味がないことの表れかも。

とくに一緒に行った場所など「2人に関すること」を覚えていない場合は、脈なしだといえそうですね。

「忙しい」と断る

忙しさを理由に誘いを断るのは、友達や恋人に関係なくよくあることでしょう。

しかし「忙しい」という言葉の裏に「あなたに割く時間はない」というニュアンスが含まれる場合もあります。

好きな相手に対しては、なんとかして時間を作って会いたいと思うはずなので、何度も断られるなら脈なしと判断してもいいかもしれません。

ほかの女性に興味を示す

女友達の話題を口にしてみるのも、脈の有無を探るポイントになることも。

「紹介してよ」や「その子も一緒に飲みに行こうよ」と言われたら、脈なしかもしれません。

付き合いたいと思っている相手に、女性を紹介してほしいと言う男性は滅多にいないので、単なる友達なのかそれ以上なのかを判断したいなら、聞いてみるのもいいでしょう。

共感しない

人は無意識のうちに、同じものを注文したり、同じタイミングで口に運んだりと、好きな人の行動に寄せることもあるようです。

あなたに好意がある男性なら、会話のなかでも「それわかる」など、共感してくれるはず。

一緒にいるのにタイミングが合わなかったり、意見が合わなかったりすることが多いなら、彼はあなたに好意を持っていないといえそうですね。

気持ちを知るのは自分のためになる

好きな人と同じ気持ちでないなら、相手の気持ちなんて知りたくないと思う人もいるかもしれません。

しかしいつまでもダラダラと気持ちを引きずっていては、時間だけが過ぎていく一方です。

彼の気持ちをしっかり見極め、できることを見つけてみてはいかがですか。

(阿久津沙良/ライター)

(愛カツ編集部)