男性のなかには、それほど好きな気持ちがないまま付き合う人もいるようです。

いったいどんな考えによるものなのでしょうか。

今回は、男性が好きでもない女性と付き合う心理についてご紹介します。

遊びってこと?好きでもない女性と付き合う男性の心理

好きになれるだろうと思った

友達の延長や、なんとなくなりゆきで付き合い始めると、別れるタイミングもなくダラダラ付き合い続ける傾向があります。

最初は好きで付き合ったわけではないけれど、「そのうちに彼女の内面のよさなどを知って好きになるだろう」という期待感があるのでしょう。

いざ違うかも?と思っても、「せっかくできた彼女だから」や「今別れたらもう自分に彼女はできないかもしれない」などと思い、なかなか別れられないのだとか。

こういったパターンは、惰性で付き合いを続けているだけといえるでしょう。

とりあえずキープとして

男性のなかには、本命の彼女ができるまでのキープとして付き合い始める人もいるようです。

一人でいるのが寂しいとか、彼女は何人いてもいいなどの考えを持っていることも。

ほかには見栄や虚栄心から、好きでもない女性を彼女にしているという男性も。

彼女がいないのはダサいなどと考え、とりあえず付き合おうと思っているのかもしれませんね。

元カノを忘れたい

女性の傷は女性で癒やすという男性も。

失恋の影響でヤケになって、好きでもない女性と付き合うパターンです。

この場合、男性側も「今はまだ元カノに未練があるけど、この子なら忘れさせてくれるかもしれない」という希望も含まれています。

彼を本当に好きなら、元カノを忘れさせてあげましょう。

それくらいの器量がある女性ならきっと本命の彼女になれるはずですよ。

どう乗り越えるかは自分次第!

きっかけはどうであれ、付き合い方次第では自分が本命になれる可能性もあります。

どんな状況でも油断したり気を抜いたりせず、彼と一緒にいるためにはどうすればいいのか考えてみるといいかもしれません。

できることからやってみましょう。

(森山まなみ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)