付き合いたての頃はラブラブで楽しくて……というのは、多くのカップルが経験することです。

その気持ちが冷めるのは当然のことで、長続きさせることの方が難しいのだとか。

今回は、ずっと仲良しのカップルでいるための秘訣をご紹介します。

自然と長続き♡ずっと仲良しのカップルでいるための秘訣

自分なりの発散方法を見つける

いくら大好きな相手にでも、意見が合わないときや知らなかった一面を見たときには、苛立ちを覚えることもあるでしょう。

一つ一つのイライラは小さくても、積み重なると大きなストレスにつながり、心の余裕がなくなることも。

ケンカをしたあとや、日々の生活のなかで生まれるマイナスな感情は、小まめに発散するのがオススメ。

好きなデザートを食べる、1人の時間を楽しむなど、自分なりの息抜き方法を見つけておけるといいですね。

自分に合った方法で、イライラをため込まないよう適度に発散していきましょう。

好きなところを言葉で伝える

付き合いが長くなると、相手の短所ばかり目につくようになりませんか?

その反面、好きなところや感謝を口にする機会は減ってくることも。

「そういうところ好き」「『ありがとう』がちゃんと言える人って素敵」と彼に伝えられれば、うれしく思ってくれるでしょう。

また、言葉にして伝えることで、彼の素敵な一面を再確認できます

この繰り返しこそが、「互いを好きで居続ける」ことにつながるはずですよ。

スキンシップを欠かさない

スキンシップは、生まれてすぐに知る愛情表現の一つです。

それが愛情表現であると小さな頃から知っているので、スキンシップからは条件反射のように「愛情」を感じるはず。

隙あらば彼にスキンシップをして、2人で愛情を確かめ合ってみてはいかがでしょうか。

思いやりを忘れずに!

なにもしなくても長続きさせられる場合もありますが、お互いに安心感を覚えすぎると、ついいい加減になってしまうことも。

お互いがお互いを思いやる心を忘れなければ、自然と長続きさせられるはず。

日々意識してみてくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)