告白は男性からしてほしいという女性が多いかもしれませんが、男性のなかには告白されるのに憧れを持っている人も。

もし自分から告白するのなら、どんなシチュエーションを選べばいいのでしょうか。

今回は、男性に「理想の告白シチュエーション」を聞いてみました。

ぜひチェックしてみてくださいね。

即OKしちゃう♡男性の「理想の告白シチュエーション」って?

お酒の力を借りて…

「一緒に飲みに行って珍しく酔ってるなと思ったら、コテンと肩に寄ってきて『好きなんだけど』って言われるのとかいい!お酒の力を借りて頑張った感じが、いじらしくてかわいいですよね。

自分も恥ずかしさをお酒でかき消せるし、酔った女の子っていつもよりかわいく見える気がします」(34歳男性/コンサル)

大人だからこそできる、照れ隠しのテクニックかもしれません。

普段から一緒に食事に行く関係性なら、一度試してみるのもよさそうですね。

ご飯のあとで2軒目としてちょっとおしゃれなバーに誘うなど、シチュエーション作りも自然にできるのではないでしょうか。

残業で疲れているところに…

「残業続きで疲れているところに差し入れを持ってきてくれて、そのなかに『好き』って手紙が入ってると嬉しいですね。

仕事終わりのオフィスってシチュエーションもなんかドキドキするし、古風な手紙っていう手段にも学生時代に戻ったみたいに感じて、浮かれちゃいそう」(32歳男性/広告)

残業を頑張っている自分をねぎらいつつ、手紙で思いを伝えてくれる……なんてシチュエーションに憧れる男性も。

仕事で疲れた彼の心をわしづかみにできそうですね。

手紙で告白という新鮮さにもグッとくるのかもしれません。

恋愛相談に乗っていたら…

「ずっと恋愛相談を受けていた相手から『じつは……』と告白される、ですかね。一生懸命に好きな人の話をする彼女を見てきてるからこそ、気持ちが2倍も3倍も伝わるシチュエーションだと思います!

『俺が受け止めてやる!』って気持ちになりそう」(28歳男性/メーカー)

真剣に恋愛相談に乗っていたら、じつはその相手が自分だったというパターンも。

いつか気付いてくれるかなと思って話していても、男性はなかなか気付かないこともあるでしょう。

時間はかかりますが、「好き」と普通に告白されるよりもインパクトがあり、キュンとするようですよ。

告白でキュンとさせよう♡

男性の理想にシチュエーションに近付けることで、告白の成功率を上げられそうです。

相手の反応を見るためにも、徐々に距離を縮めていけるといいですね。

できることから試してみましょう!

(愛カツ編集部)