運命を感じる経験をしたことはありますか?

理屈抜きの直感によるものなので、自分でもうまく説明できないことが多いでしょう。

今回は、男性の干支別に、「運命を感じる女性」をご紹介します。

前編に引き続き、午(うま)年から亥(いのしし)年の発表です。

【後編】男性の干支でわかる♡彼が「運命を感じる女性」とは

午(うま)年生まれ

【ドキドキ感を共有した人】

好奇心旺盛でアクティブな午(うま)年生まれの男性は、いつも新鮮な驚きや感動を求めています。

初体験のドキドキ感を共有すると、相手の女性に好意を持ち、運命を感じてしまいがち。

気持ちが盛り上がると、すぐに「運命の恋」「運命の人」へと直結するタイプのようですね。

未(ひつじ)年生まれ

【生い立ちが似ている人】

内気で一途な未(ひつじ)年の男性。

慎重な性格なので、軽々しく「これって運命?」と錯覚することは、ほぼありません。

生涯をともにするような特別な縁を感じるのは、育った環境や生い立ちが似ているとわかったとき。

埋めようのない孤独を理解し合える女性に、運命を感じるのです。

申(さる)年生まれ

【予期せぬ偶然で出会った人】

イベント好きな申(さる)年生まれの男性は、社交的なので、出会いもチャンスも多いでしょう。

そんな彼が運命を感じるのは、予期せぬ偶然で出会った相手です。

初対面、あるいは友人・知人であっても、たまたまばったり会ったとき、「これは運命の女性かも!」と感じるみたいです。

酉(とり)年生まれ

【自分にプラスとなる人】

完ぺき主義で自尊心も強い、酉(とり)年生まれの男性は、自分の直観力にも自信を持っています。

上昇志向が強いため、無意識のうちに「自分にとってプラスとなる人」を、運命の人予備軍としてチェックしていることも。

さらに地位や名誉、金銭面、精神面でのサポートをしてくれると「運命の人」と感じるようです。

戌(いぬ)年生まれ

【うれしい親切をしてくれた人】

真面目で誠実な戌(いぬ)年生まれの男性。

一度恩を受けたら決して忘れない、義理人情に厚い人でもあります。

ちょっとした親切心や気遣いが、彼にはたまらなくうれしかった……なんていう、心が温かくなる出来事が「運命の人」を実感させるきっかけになるでしょう。

亥(いのしし)年生まれ

【一生懸命な人】

一度決めた目標には粘り強く取り組む、努力家の亥(いのしし)年生まれの男性。

そのため自分と同じように、なにか目標に向かって一所懸命に取り組んでいる人に心を動かされます。

道は違っても、夢を語り合ったり、励まし合ったりするうちに「運命の人だ」と確信するでしょう。

あなたの運命の相手は?

運命の人だからといって、必ずしも生涯を共にするとは限らないようです。

しかしお互いの人生に大きな影響を与えるのは確かでしょう。

彼の運命の相手になるためにできることはないか、探してみてはいかがでしょうか。

(星谷礼香/占い師)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)