顔の印象を左右するメイク。

使う色やテクニック次第で、雰囲気がガラリと変わりますよね。

自分では良いと思っていても、周りから見て「?」と違和感を持たれてしまう場合もあります。

今回は、特にやりすぎ感が出がちなポイントについてご紹介します。

周りから違和感を持たれやすいメイクのポイントは?

ノーズシャドウ

「ノーズシャドウが濃いと、鼻筋だけが浮き上がってみえるというか、取ってつけたみたいな鼻というか……なんか変だよね」(20代男性/コンサルタント)

鼻を高く見せる効果があるノーズシャドウ。

しかし、あまりにも濃く塗ってしまうと顔の印象が変わりすぎてしまうものです。

デート用のメイクでは、あまり濃くなりすぎないように気を付けましょう。

つけまつ毛

「ギャルみたいな、存在感の強いバサバサなつけまつ毛はいらないと思う。マスカラだけで十分」(30代男性/営業)

目の印象を一気にアップしてくれるつけまつ毛。

しかし、印象が強すぎるあまり「別にいらないのでは?」と思う人もいるようです。

まつ毛を濃くしたいときはボリューム重視のマスカラを選んだり、ナチュラルなつけまつ毛を付けるといいでしょう。

涙袋

「ナチュラルならいいけど、涙袋が白すぎたり、ふっくらしすぎたりすると逆にたるんで見える」(20代男性/IT)

涙袋をふっくら見せると美人度がアップしたように感じます。

しかし、色味や色の載せ方次第では違和感も……。

ラメを控えたり、肌の色に近いカラーを選ぶといいでしょう。

眉の形

眉の形

「左右非対称だったり、細すぎたり、太すぎたり……眉の形が似合ってないと違和感あります」(30代男性/広告)

眉はメイクのなかでもとくに難しいパーツ。

練習あるのみですが、眉サロンなどでプロの力を借りるのもアリです!

綺麗に整えてもらうだけでも、一気に垢抜けるでしょう。

メイク後の肌

「ファンデのつけすぎで、顔が粉っぽくなっていると老けて見える……」(30代男性/アパレル)

メイク直しを繰り返していると、いつの間にか厚塗りになりがち。

とくに乾燥肌だとより粉っぽくなりやすいかもしれません。

クリームファンでに変えたり、メイク完成後にミストを吹きかけるなど対策をするといいでしょう。

物足りないかも?くらいが良い

違和感を持たれやすいポイントは、「物足りないかも?」くらいに留めておくといいでしょう。

とくに好きな人と会う日のメイクは気合いを入れがちですが、そんなときこそナチュラルな自分で会ってみるといいですよ。

(美佳/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)