大好きな彼氏にはどれだけ愛されても足りない!と思う方もいるかもしれませんが、なかには愛が過剰になりすぎて依存になることも。

愛されているのには変わりなくても、依存になると息苦しさを感じるかもしれません。

今回は、依存体質な男性の特徴をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

付き合うと苦労するかも…依存体質な男性の特徴

自分が悪くても謝らない

ケンカのあとなど、明らかに自分に非があっても謝らない男性には要注意です。

極端にプライドが高く、相手が折れることによって「自分のほうが優位である」という思いを持ちたがることも。

また謝りはしないのに、プレゼントを渡して許してもらおうとするタイプも。

ものは贈るけど、絶対に謝りたがらない人は、プライドの高さと不安を抱えている可能性があります。

謝る代わりにプレゼントを渡すことで、相手のご機嫌を取ろうと考えているのでしょう。

LINEはつねに即レス

いつLINEしても即レス……単に「相手を待たせないためメールは即レスが基本」という考えの人もいますが、依存体質の男性の文明はつねに気合の入った長文になりがち。

彼らは「自分のことをもっと知ってほしい」という気持ちと合わせて、「相手も自分と同じ気持ちでいるべきだ」という考えを持っている傾向があります。

彼女が今日なにをしていたのが気になり、即レスしないと怒り出す……なんてことも。

つねに即レスしてくる男性は依存心によるものなのか、見極められるといいですね。

休みが合えば会おうとする

依存体質の男性は寂しがりやで、誰かと一緒にいないと不安になる傾向があります。

2人のデートが最優先だと思っているので、ほかの用事があるからとデートを断られると不機嫌になることも。

人に必要とされる事が彼の存在意義なので、「ほかの人と会う=自分の事なんてどうでもいいんだ」と思ってしまうのだとか。

ある程度の信頼関係ができていれば、デートの回数が少なくても、うまく付き合えるはずですよ。

恋愛以外の世界を見ようとしない

彼女が自分を差しおいて、ほかの楽しい世界にいるのをいやがるのも、依存体質な男性の特徴です。

「彼女が一番優先するべきは自分である」「自分といる時間が一番だ」と信じてやまないのでしょう。

そのため彼女が新しい趣味を始めると「楽しそうだね」などと嫌味を言い、「一緒にやらない?」と誘っても興味なさげ……。

それをこじらせて「浮気だ!」と大騒ぎするパターンもよくあるケースなようです。

冷静に見極めよう!

依存体質な男性は、最初はそうとは見せずに近付いてきます。

恋愛や男性に慣れていない状態だと、惑わされる可能性も。

そんなときこそ、きちんと冷静に見極められるよう意識しましょう。

自分の幸せのためにも、できることをやっていけるといいですね。

(中野亜希/ライター)

(恋愛メディア・愛カツ編集部)