人間関係において、「言葉」はいい方向にも悪い方向にも作用します。

言葉にしなければ、伝わらない気持ちもあるでしょう。

そこで今回は、好きな男性に言葉で伝えるべき気持ちをご紹介します。

ちゃんと伝えて!言葉にするべき「彼への気持ち」とは?

「感謝」の気持ち

人になにかしてもらったとき、「すみません」と言うよりも「ありがとう」と言う方がいいと言われています。

感謝の気持ちを何度言われても、いやな気持ちになる人はいないでしょう。

また「ありがとう」の言葉と一緒に「うれしい!」「助かります!」など、そのときの気持ちをプラスして伝えてみるのがポイント。

これによって、心から感謝気持ちを伝えることができますよ。

「尊敬」の気持ち

女性から「すごい!」とほめられると、うれしく感じる男性は多いです。

言葉で褒められることによって、1人の男性として尊敬されているという自信が持てるよう。

さらに「〇〇くん、ほんとにえらいよね!」などのように、最初に名前を言うことによって、「ほかではなく、あなたがえらい!」というのが強調されます。

少しの工夫として、覚えておきましょう!

「信頼」の気持ち

彼だけに秘密を打ち明けたり、ほかにはできない相談をしたりすることで、彼への信頼を表現できます。

男性からしたら、自分は特別な存在なのでは?と感じ、あなたを独占できている感覚になるでしょう。

そしてあなたが話した分、彼もあなただから話せることを話してくれるかもしれません!

「あなたにしか言えない」ということを強調することがポイントです。

「寂しい」気持ち

デートの帰り際に「もう帰らなきゃいけないの寂しいね……」などと言われたら、男性はドキっとするでしょう。

寂しい気持ちを表現することは、裏返せば一緒にいる時間が楽しいということ。

言葉で伝えられたら、男性はとてもうれしいはずです。

ただし、付き合っていない状態で寂しい気持ちを過度に伝えると、重いと思われることもあるので注意です。

もし付き合っている間柄なら、「なかなか会えなくて寂しかった」と素直に言うとこで、彼氏をキュンとさせられるでしょう。

素直な気持ちを伝えて!

素直な女性が好きな男性は多いもの。

普段あまり気持ちを言葉にしていない人は、少し意識するだけで大きな変化を期待できるはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

(小山なつ子/ライター)

(愛カツ編集部)