好きな人ができると夢中になってしまい、いいところしか見えなくなるもの。

とはいえ、いざ付き合い出してから相手の意外な素顔に気づいてショックを受けることも。

そこで、男性の星座別に彼の抱える「ブラックな一面」を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23〜10/23)〜うお座(2/19〜3/20)のご紹介です!

【後編】男性の星座別・彼の「ブラックな一面」とは?

てんびん座(9/23~10/23)

【優柔不断で決められない】

おしゃれなジェントルマンというイメージが強いてんびん座。

駆け引きがうまく、どんな相手にも動じない彼はじつは、優柔不断で自分では決められないというブラックな一面を抱えていそう。

その結果、女性たちの間で彼を巡る争奪戦が起きる心配も。

彼が好きなら、ライバルが近づけないようしっかりガードを。

さそり座(10/24~11/21)

【愛がなくなった途端冷たくなる】

一途なさそり座の男性は、愛のためなら、どんなところにも飛び込んでいけるタイプ。

彼の抱えるブラックな一面は、愛情がなくなった途端急激に冷たくなること。

既読スルーぐらいならまだしも、ブロックしたり、話しかけても無視したり……。

そうなったときは無理にすがろうとしないで。

スッパリ諦めたほうが逆に彼の関心を引けることも。

いて座(11/22~12/21)

【根暗で愚痴っぽい】

オープンで率直な、いて座。

サッパリした性格に見えますがじつは意外に根暗で、愚痴っぽい一面があります。

過去のことを急に思い出して自分を責めたり、へこんだり……。

そんなブラックな顔を出すのは、自信が揺らいでいるとき。

さりげなく褒めるなど自己肯定感を高めるよう、サポートするのをお忘れなく。

やぎ座(12/22~1/18)

【ついマウントを取りがち】

常識的で落ち着いた大人の男性といえば、やぎ座。

彼の抱えるブラックな一面は、ついマウントを取ってしまうこと。

恋人相手でも、なにかにつけて自分のほうが優れていることを証明したがるでしょう。

それは女性をリードしたいという男のプライド。

ウンザリせず、認めてあげれば、幸せな関係を築けるはず。

みずがめ座(1/20~2/20)

【自己顕示欲が強い】

みずがめ座は、個性的で我が道を行くタイプ。

周りと一線を画した行動が多いけれど、それは彼の自己顕示欲のなせるわざみたい。

持ち前のクールなポーカーフェイスの下には、周りからすごいと言われて、リスペクトされたい願う一面が隠れているのです。

だからこそ彼のことを人前で称えるのは、効果的なアプローチに。

うお座(2/19~3/20)

【子どもっぽくて自分勝手】

頼りなさげに見えるうお座の男性。

素直で甘え上手な性格で、かわいい猫のように女性を一瞬でとりこにしてしまうような魅力があります。

彼にはじつは、自分勝手な一面が。

彼女や奥さんに頼り切って、自分はぶらぶら遊んでばかりなんてことも。

うお座と付き合うなら、自立した男に育てるくらいの気持ちが必要かもしれません。

相手をよく観察して!

どんなにステキな異性にも、欠点はあるもの。

それを事前に知って対策しておけば、不幸にならずに済むはずです。

ぜひ参考にしてくださいね!

(涼月くじら/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】おひつじ座~おとめ座の彼の「ブラックな一面」とは?