言いたいことを素直に言える関係は素敵ですよね。

しかし素直な言葉と、デリカシーのない言葉は全くの別物。

とっさに出てしまったひとことで、気になる男性に嫌われてしまうのは避けたいですよね。

そこで今回は、一瞬にして「男性の気持ちが冷める」女性のひとことを紹介します。

一発アウト…?「男性の気持ちが冷める」ひとこと3選

「男のくせに」

男性のプライドを傷つけるような発言はNGです。

笑って流してくれる心の広い男性もいるかもしれませんが、心の中では傷ついていることも。

「男のくせに」、「男でしょ」、「女の子みたい」といったひとことは、思っても口にしないようにしましょう。

せっかくいい雰囲気でも、彼との関係を悪くしてしまう可能性があります。

「つまんない」

一緒にいるときに、女性から「つまらない」と言われたら、男性の気持ちは一瞬にして冷めてしまうでしょう。

「つまんない」とか「疲れた」といった言葉は、つい無意識に口から出てしまうこともあるもの。

また、せっかく彼が連れてきてくれたレストランなどで「これあんまり美味しくないね」と言うのも同様に厳禁。

男性のことを悪く言っていなくても、「自分といても楽しくないのかな」と感じさせてしまいますよ。

「どうせ無理だよ」

男性がなにかやろうとしているときに、「どうせ無理だよ」と真っ先に否定されたら男性は腹が立つはず。

自分の能力を否定され、馬鹿にされている気分になるでしょう。

また、なにごとにもネガティブな女性といるより、自分の背中を押してくれる女性と一緒にいたいと思うのは当然。

できない確率が高かったとしても、応援してくれたりフォローしてくれる女性にこそ、男性は心を奪われるものですよ。

自分の発言を振り返って!

異性の言葉は、心に大きく響くことが多いです。

ネガティブな言葉よりも、ポジティブな言葉を心がけることで、気になる男性との距離を縮められるはずです。

ぜひ参考にして、素敵な関係を目指してくださいね!

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)