お付き合いが長続きしてくると、彼との結婚を意識し始めますよね。

そんなとき、彼はどう思っているのか気になるところです。

男性はどんなときに彼女との結婚を意識するのでしょうか。

実際のエピソードを参考に、男性が結婚を意識する瞬間についてご紹介します。

別れの危機から一転…「この人と結婚しよう」と決意したきっかけ3選

横で眠っているときに…

「彼女の寝顔が最高にかわいかったので、ずっと隣で見ていたいと思いました気を許してくれているんだなと感じた」(26歳/IT関連)

彼女の無防備な姿にときめく男性は多いようです。

「誰にも渡したくない!ずっと見ていたい!」と思ってもらえれば、結婚への意識も高まるかもしれません。

他にも、彼女のすっぴんを見られると「自然な姿を自分だけに見せてくれた」と特別感がアップするようです。

手料理を食べて…

「自分の好きなハンバーグを、手際よく毎週つくってくれるんですよね。
味もおいしいし、一生食べたいと思ったときに結婚を決めました」(29歳/営業)

料理を振舞うことで、結婚後の生活をイメージしやすくなります。

また振る舞ってくれた手料理がおいしくて、胃袋をつかまれたら「結婚して毎日これを食べたい……!」と思うのかも。

料理が苦手という人でも、一生懸命作ってくれる彼女の姿を見たら男性もときめくはず。

渾身の一品を練習して、振舞ってみるのもいいでしょう。

大ゲンカした後に…

「ものすごい大ゲンカをしたけど、仲直りできたとき。
気持ちをめっちゃぶつけ合ったのに和解できる人は、なかなかいないと思う」(32歳/商社)

ケンカは最悪の場合、別れに発展してしまうものです。

そんななかで円満に解決できたり意見が意見が分かれてもお互いが非を認めて仲直りできたりすると、男性は「これから困難があってもきっと乗り越えていけるだろう」と思って結婚しても大丈夫と感じるようです。

ケンカするほど仲がいいとも言いますが、これは「仲直りができる関係」を示すのかも。

冷静に話し合うことで、別れの危機から一転して結婚のきっかけになるかもしませんよ。

結婚後の生活をイメージできるか

結婚を決意する瞬間に共通するのは、結婚後の生活がイメージできるかどうかです。

家庭的な一面や2人きりの空間に特別な一面などを見せることで、「この子に一生添い遂げたい」と思わせることができるかも。

もしもお付き合いしている彼と結婚を考えているなら、今回ご紹介したエピソードを参考にしてみてくださいね。

(愛カツ編集部)