自分のために、あるいは好きな人に好かれるために様々な努力をしている方も多いのではないでしょうか。

しかしなかには、それが裏目に出てしまうことも。

今回は、男性が「やりすぎじゃない?」と思う女性の言動をご紹介します。

ほどほどが一番…男性が「やりすぎじゃない?」と思う女性の特徴

年下を「若者」扱い

「大人アピールをしたいのか自虐なのか知らないけど、なにかにつけて『若いね』とか『さすが若者』とか言われると反応に困ります。

別にこっちもうれしくないし……。なんのために言うんだろう」(23歳男性/飲食)

女性のなかには、年下の男性に何気なく「若いね」などと言う人もいるのではないでしょうか。

しかし男性からすると、反応に困るうえに楽しくないのだとか。

それが重なると、うんざりするようです。

気付かない間に口にしていないか、意識しましょう。

派手な身だしなみ

「職場にバッチリメイクにくるっくるの巻き髪の人がいるけど、やりすぎだろって思ってます。個人の自由かもしれないけど、ちょっと怖いし……。

香水がキツいときとかもあるから、そういうのは普通に迷惑ですね」(27歳男性/広告)

身だしなみは最低限のマナーだったり、個人の自由だったりしますが、限度はあるようです。

あまりにも派手すぎると、男性によっては「近寄りにくい」と思う人も。

自分のよさを生かしたナチュラルな雰囲気を目指すのもいいかもしれませんね。

世話を焼きすぎる

「人の頑張りちゃんと見てくれてたり、困ってるときに助けてくれたりする女性は頼れるな~って思うけど、やりすぎはお節介だなって思っちゃいます。

たまにやることないの?ってくらいすぐ声かけてくれる人とかいません?」(29歳男性/不動産)

周りをよく見ていて、すかさずフォローできるのは素敵なことです。

しかしそればかりになると、うんざりされる可能性もあります。

ここぞというタイミングだけにするなど、メリハリを付けられるといいですね。

なんでも「やればいい」わけではない!

自分がよかれと思ってやっていることも、周囲からすると「やりすぎ」だと思われることもあるようです。

相手に気を遣わせないくらいの気遣いがスマートかもしれませんね。

少しずつ試してみましょう。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)