みなさんは、デートの際のお会計にはどのように対応していますか?

お互い金銭的にそれほど差がないから、自分の分は払っていいかも、そう思うこともあるかもしれません。

でも、割り勘のやり方次第では、男性が不快に感じてしまうことも。

そこで、今回は男性が受け入れやすい割り勘の提案方法を4つご紹介します。

お会計でキュン♡男性が喜ぶ4つの「割り勘提案」

誘ったから自分の分は出すよ!

誘ったのはこちらだから……と割り勘を提案すれば、「お誘いに付き合ってくれたお礼」というニュアンスがあるので、男性も受け入れやすいでしょう。

もしお金に余裕があるなら、「今日付き合ってくれたお礼に、ここは私が出すね!」とおごるようにするのも◎。

彼への感謝の気持ちも伝えられ、男性のプライドを傷つけずに「女性がお金を出す理由」を作ることができます。

ここは私が出すね!

本音では割り勘がよくても、かっこつけたくておごろうとする男性は多いもの。

そこで無理に割り勘しようとすると、彼のプライドを傷つけてしまうかもしれません。

彼がお金を出してくれた場合は、まず素直にお礼を言いましょう。

そして、「じゃあ、2軒目は私が出すね!」「このあとの映画は私が払うね!」と帳尻を合わせる割り勘を提案すると、プライドを傷つけず彼の負担を減らすことができます。

その場で割り勘でなくても、デート全体を通して割り勘になっていれば、彼も「気遣いができる自立した女性だな」と思ってくれるはずですよ。

簡単におごられない主義なの!

割り勘することで「頼りないと思われているのかな」「気を遣わせてしまっている……」と考える男性もいます。

そんなときには、「簡単におごられない主義なの!」と割り勘を提案してみましょう。

相手の収入を気遣っての言葉ではないので、相手の男性も素直に受け入れやすいはず。

自分に自信のない男性には、このセリフがぴったりかもしれません。

半分ってこれくらい?

レジ前で彼にお金を渡すのは、彼に恥をかかせてしまう行動になるので注意が必要です。

「店員に割り勘させる男だと思われたかも……」と気にする男性って、意外と多いように思うのです。

結果的に割り勘でも、第三者には彼が支払ったように見せる対応で、男性を立てることができます。

お店を出てから「半分ってこれくらいかな?」「これ私の分ね!」とお金を渡す対応は、好印象間違いなし!

男心を押さえた対応を

おごられることにこだわらず、自分の分は自分で!という割り勘精神を見せる女性は、男性にとって女神のように見えることもあります。

おごろうとする男性へのお礼を忘れず、かっこつけたい気持ちと、経済的な負担に理解を示すことで、男性は「この子を手放したくない!」と思うようになるかも。

粋な割り勘対応で、あなたの魅力を伝えてみて!

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)