デートをしても楽しいと感じられない女性に対しては、男性の気持ちは薄れていってしまうでしょう。

女性の前では笑顔でも、内心つまらないと感じていて、「もう会いたくない」と思われていたら……。

今回は、じつは「男性ウケがよくない」デートプランを3つご紹介します。

本当は行きたくない?男性が喜ばない3つのデートプラン

真夏や真冬の屋外デート

季節ごとのイベントは魅力的ですが、人混みが苦手という男性も。

持ち物に気を遣ったり、場所によっては長時間の運転が必要だったり。

女性に楽しんでもらおうと口にはしないけれど、じつは男性が不満を持っているプランかもしれません。

長すぎるショッピングデート

はっきりとした目的を持って買い物に行くことの多い男性にとって、ウィンドウショッピングは苦痛になりがち。

ショッピングデートに対してウキウキしているのは、女性だけかもしれません。

欲しいものを事前に伝えて目的をはっきりさせたり、男性が興味のあるお店にも立ち寄ったり、2人が楽しめる工夫をしてみましょう。

女性の思い出の場所巡り…

女性の思い出の詰まった場所をめぐるというデート。

本人は懐かしさを感じられるかもしれないけれど、となりの男性は疎外感を覚えているかも。

付き合っている女性の過去について、つよい興味を持てる男性はそれほど多くないでしょう。

お互いが興味を持てるところに行きたいですよね。

2人で楽しむ気持ちを忘れずに

行きたい場所を提案してくれるのは、男性にとってはうれしいものです。

でも、じつは男性につまらない時間を過ごさせてしまっているかもしれません。

大切なのは2人で同じ時間を楽しむということ。

お互いが興味を持てるものを話し合って、満足のいくデートプランを作りましょう。

(松本ミゾレ/ライター)

(愛カツ編集部)