ちょっと頼りないけど、気持ちを若々しくさせてくれる、そんな年下の男性を好きになったことはありませんか?

気になる男性が自分よりも年下だと、どうアプローチするのが自然なのか悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、年下の男性に効果的なアプローチの仕方を3つご紹介します。

心をつかむ♡年下男性を惹きつける3つのアプローチ

相手に会話をリードさせる

仲を深めるうえで大切なのは共通の話題を見つけること。

共通の話題をみつけたら、あなたが会話を進めるのではなく、リードしてもらう流れを作ってみましょう。

年上のあなたよりも知識豊富なことがわかると、男性がちょっと得意げになる可能性も。

自信を持たせることで、自然と2人の距離が近くなるかもしれません。

相手を頼る

年下だからといって可愛がるのではなく、頼ってみることもおすすめです。

「◯◯くんにしか頼めないな」と一言添えれば、気になる男性もあなたと対等な気持ちになるはず。

身の回りで少し困っていることを相談したり、相手の得意分野について聞いてみたり、男性として頼りにしていることをアピールしてみましょう。

どんな小さなことでも喜ばれる可能性がありますよ。

ギャップを意識する

なんでもできる完璧なあなたを見せるのではなく、ちょっと抜けた部分をさらけ出すのがおすすめ。

「しっかりしている」と思われやすいからこそ、意外とそうでもないところをアピールしましょう。

もし職場の年下男性に恋をしている場合は、仕事のフォローがお節介にならないように気をつけてみてください。

また、仕事ではきっちりしているけれど、プライベートで抜けている部分を見せて、ギャップをアピールすることもよいでしょう。

同じ目線で接してみて

年下の男性に恋をしているなら、大人の女性のイメージをうまく利用しましょう。

相手の目線に合わせることで、年上と意識させないふるまいができるはず。

対等な立場で接することが、2人の仲を深める第一歩ですよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)