母性をくすぐられるようなかわいい「犬系男子」って、女性に人気ですよね。

ただし、甘え上手で社交的な「犬系男子」と「子供っぽい男性」はしっかりと区別する必要があります。

ただ精神年齢が低いだけの男性と付き合っても、疲れてばかりになってしまうかもしれません。

そこで今回は、「子供っぽい男性」の特徴を3つ紹介します!

犬系男子とは大違い!付き合うと疲れる「子供っぽい男性」とは

思ったことを全部言う

子供っぽい男性は、好きになったら遠回りはせず直球勝負をしてくる可能性が高いです。

素直な言葉にキュンとくる女性も多いでしょう。

しかし遠慮もなく思ったことを全部言うのは、ときにはあなたをイラつかせます。

手料理に向かって「美味しくない」と言ったり、「なんか太った?」と聞いてきたり。

デリカシーに欠けたことを言われる可能性があるので注意してください。

地元の友達を大切にしている

長い付き合いの地元の友達を大切にしている男性は、女性から見てもステキですよね。

しかし子供っぽい男性の場合、付き合ってからも友達を優先してしまいます。

デートや記念日も「友達との予定決まってからでいい?」なんて言われることも。

彼女よりも友達を優先し、振り回される……なんて可能性もありますよ。

ハグやキスを自分からしない

子供っぽい男性のなかには、甘え上手ではないタイプもいるようです。

ハグやキスといった行為を「恥ずかしいこと」と考えて、自分からはできないんだとか。

付き合う意味自体もよく分かっていなくて、いつまでも友達のような関係のままかもしれません。

このタイプの男性は、2人の将来についてもまったく考えていないことがあります。

沼にハマる前に…

子供っぽい男性は、最初はかわいくて魅力的に思えるかもしれません。

さらに、付き合ってからも「私が面倒見てあげなきゃ」と考えるようになってしまう可能性も。

沼から抜け出せなくなる前に、しっかりと見極めてくださいね。

(村上真朝/ライター)

(愛カツ編集部)