不倫がいけないこととわかっていながらも、なかなか抜け出せない人も多いようです。

しかし未来のない関係は、この先も早めに終わらせるのが自分のため。

今回は、実際のエピソードとともに、「不倫沼」を抜け出す方法をご紹介します。

幸せになりたいなら今すぐに!「不倫沼」を抜け出す方法

連絡がつかないようにする

「昔不倫していたんですけど、ある日突然その子と連絡が取れなくなってしまって。

LINEも既読にならないし、電話にも出ない。どうしようもないし仕方ないですよね。今はどこにいるのかわからないですが彼女の幸せを願っています」(34歳男性/IT)

連絡先を残したまま連絡するのをがまんするのは、つらいことでしょう。

そんなときは思い切って連絡先をすべて削除し、SNSもブロック、着信拒否設定……どう頑張っても連絡できない状態にしてください。

「しようと思えるけどしない」距離感だからつらいのであって、「そもそもないしできない」状態にすると、自然と考えることも少なくなるもの。

最初はつらいかもしれませんが、きっと乗り越えられるはずですよ。

あえてわがままを言う

「付き合って1年したくらいから、不倫相手がどんどんわがままになってきて。

『今日は泊まって行って』とか、『友達に紹介して』とか。彼女には悪いけど、面倒なことになる前にフェードアウトしました」(35歳男性/広告)

男性のなかには、不倫相手を「都合のいい存在」と思っている人も。

そんな彼らにとっては、わがままを言う不倫相手は面倒な存在なのだとか。

距離を置きたいのなら、あえてわがままを言うのも効果的かもしれません。

大胆な嘘をつく

大胆な嘘をつく

「不倫相手に突然『奥さんに会いに行ったの』と言われて、とっさに『勝手なことするな!』と言っちゃいました。

『あなたの反応を見たかったから嘘ついたんだけど……がっかり』という冷めた彼女の目が今でも忘れられません」(36歳男性/商社)

関係を終わらせるためには、「奥さんに会いに行った」などの嘘をつくのも一つの方法です。

不倫をする男性は、家庭に影響が出るのを避けたいと思うはず。

その嘘にうろたえ、怒り、みっともない姿を見せる可能性もあるでしょう。

そんな姿を見て、目を覚ます方法もあるようですよ。

百害あって一利なし

本当に愛しているというのなら、今の家庭を捨ててまであなたを選んでくれるはず。

そうしないということは……もう2人の関係がわかるのではないでしょうか。

なにも生まない関係に時間を費やすのは、早めに終わらせましょう。

(愛カツ編集部)