どれだけ親しく、信頼している人にだとしても、言えないことの一つや二つはあるのではないでしょうか。

そんなことでも、自分が本当に好きな人には伝えておきたい……と思うこともあるかもしれません。

今回は、男性の干支別に、本命の女性だけに話す「ヒミツ」をご紹介します。

まずは前編として、子(ねずみ)年から巳(へび)年までの発表です。

【前編】男性の干支でわかる♡本命の女性だけに話す「ヒミツ」とは

子(ねずみ)年生まれ

【自分のお金の流れ】

日常の小さなことをいつも気にしている、せっかちでマメな子(ねずみ)年の男性。

財布のなかの小銭から来月のカードの引き落とし金額まで、つねに心配は尽きません。

本命の女性には、自分に関するお金の流れをこっそり教えて、共感やアドバイスをほしがるはずですよ。

丑(うし)年生まれ

【自分のマニアックな趣味】

おしゃべりをするのも目立つのもあまり好きではなく、結果的に聞き役に回りがちな丑(うし)年の男性。

自分の意見や趣味嗜好を発言することは少ないのですが、本命女性には自分の趣味を教えるようです。

マニアックすぎて相手からびっくりされるような趣味……なんてこともよくあるかもしれません。

寅(とら)年生まれ

【プレゼントへの不満】

テンションの振れ幅が大きい、情緒豊かな寅(とら)年の男性。

ほかの人には遠慮して言わないような、プレゼントやお土産に対する不満を言ってしまいます。

本命女性だからこそ包み隠さず言うべきだと思っているようです。

ちなみに、悪気があるわけではありません。

卯(うさぎ)年生まれ

【傷ついた出来事】

ものごとを深刻に考えることが苦手な卯(うさぎ)年の男性。

たしかにいつも陽気で、愚痴を言うにしても明るく冗談交じりな感じがします。

しかし本命の女性には、本当に傷ついた出来事を「ほかの人には内緒ね」と話すことも。

「また冗談なのかな?」と、軽くスルーしないようにしてあげてくださいね。

辰(たつ)年生まれ

【やっかいな体質】

男らしい辰(たつ)年の男性は、自分の弱みを外に出さないようにするタイプです。

とくに身体の弱い部分ややっかいな体質については、とくに隠そうとするでしょう。

でも本命の女性にはそんな弱みをわかってもらいたい、さりげなく気を遣ってもらいたい、というかわいい心を持ち合わせているみたいですよ。

巳(へび)年生まれ

【過去の恋愛】

巳(へび)年の男性はヒミツ主義で、ちょっと親しくなったくらいの人には、自分のことを話さないでしょう。

とくに過去の恋愛のことは、貝のように口を閉じて言わないもの。

しかし本命の女性には「○○な女性が好きだった」「ファーストキスはいつだった」と、少しずつ打ち明けていくようです。

とても勇気のいることだから

本命の女性にだからこそ言っておきたい、聞いてほしいと思うことがあるようです。

それを受け止めるも見切りをつける材料にするも自由です。

しかし彼が勇気を出して打ち明けた姿勢を尊重できたら、さらに距離が縮まるかもしれませんね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】午年~亥年の男性の「ヒミツ」って…?