好きな相手とどんな関係を築いていくか、人それぞれ理想の形があると思います。

好きな男性と付き合ったはいいものの、彼女として「どうふるまえばいいの?」と悩んでしまうこともあるかもしれません。

付き合い始めは彼に好かれるためにあれこれ取り繕ってしまいがちですが、男性が彼女に望むポイントは意外とシンプルなものですよ。

今回は、男性が思う「彼女にしてほしいこと」を4つご紹介します。

男性に聞いた!彼女に「してほしい」4つのこと

優しく支えてくれる

「彼女には癒しの存在であってほしいです。どんなに疲れていても、顔を見たら元気がもらえるような人が理想かな。

彼女のため!って思う気持ちが仕事の原動力になるような、そんな女性がいいです」(26歳/建設業)

女性に「癒やされたい」という男性は多いはず。

とくに、日々の仕事や勉強に追われて疲れているときは、彼女にはそっと寄り添って優しくしてほしいと感じるようです。

たくさんほめてくれる

「子どもっぽいかもしれないけど……彼女は一番自分をそばで見守っていてくれる人だと思うので、普段はたくさんほめて、落ち込んでたら励ましてほしいですね。

単純に、好きな人からほめられるとやる気が出ます」(27歳/広告会社)

好きな女性には、自分のよいところも悪いところも受け入れてほしいと思うもの。

誰よりも近くにいる彼女だからこそ、「いつもすごいよね!」「尊敬してるよ」など、たくさんほめてあげましょう。

そしてときにダメな部分を注意することで、「いつも俺のことを見てくれてるな」と実感してもらえるはずです。

自立していて、相手を尊重してくれる

「恋人関係だけじゃないですけど、やっぱり信頼を積み重ねていくことが大事じゃないですか。

そのために、べったりした関係よりも余裕を持った関係でいたいです。恋愛に依存せずに、お互いを尊重できるパートナーになれたら良いですよね」(30歳/弁護士)

相手に依存しすぎる重たい関係よりも、ほどよい距離をたもって、信頼で結ばれた関係を築きたいと考える男性は少なくないようです。

すぐに浮気を疑ってくるような女性の場合、はじめは好意的に捉えられても、「俺のことが信用できないんだな」とだんだん気持ちが冷めてしまうでしょう。

自分だけを好きでいてくれる

「一途に好きでいてくれたら、それで十分です。

自分からはなかなか恥ずかしくて言えないけど、『好き』って気持ちを言葉や態度に表してくれると一層大切にしたいって思えますね」(23歳/教員)

男性は女性よりも「察する」力が苦手な傾向にあります。

女性が心のなかで「大好き!」と思っていても、彼女が本当に自分を好きなのか、彼にはいまいち伝わっていないということもしばしば。

思うだけでなく、態度や表情でストレートに「好き」を表したり、言葉でたくさん伝えてあげるほうが彼に思いが届きますよ。

付き合いが長くなればなるほど、愛情表現の仕方は大切なポイントです。

日頃の愛情表現が大切

男性だけが女性に求めることではなく、どれも好きな人にしてもらえたら嬉しいことばかりでした。

無理のない範囲で実践してみることで、彼もきっと喜んでくれるはずです。

普段から彼を思いやる気持ちを持って、愛を伝えてみてくださいね。

(愛カツ編集部)