「付き合っても、すぐ相手に飽きられる」「マンネリになるとそのまま別れてばかり」そんな恋愛って辛いですよね……。

できることなら、交際初期のような新鮮さを保ちたいもの。

好きな男性と仲良しでいるためには、やっぱりちょっとした工夫や努力が必要です。

そこで今回は、ずっと仲良しカップルでいるための4つの秘訣をご紹介します。

ずっとラブラブ♡仲良しカップルでいるための4つの秘訣

たまにはお互いの友人を交えて

共通の知り合いがいないと、当然のことながら遊ぶときはいつも彼と2人きり。

それもそれで楽しいですが、ケンカをして仲直りしたいけど歩み寄れないときなど、仲介役として間に入ってくれる共通の友人がいた方が長続きはしやすいでしょう。

彼と共通の友人がいないのなら、関係が落ち着いてきた頃にお互いの友人を紹介して、一緒に食事や遊びに行くといいですよ。

いつもとちょっと違うメンバーで、2人の関係に刺激を与えましょう。

思い出を写真に残す

写真って、後から見ると、そのときの思い出に浸れる優れもの。

マンネリやケンカをなったとき、新鮮さを取り戻したり、気持ちを再燃させたりするためにも一役買ってくれるでしょう。

自然をバックにしたツーショットや、彼の笑顔や寝顔の写真を、プリントアウトしてアルバムにするのもオススメ!

いい関係を続けるためには、素敵な思い出を共有することが大切です。

2人で新しいことをしてみる

先ほど紹介したアルバム作りや料理など、2人で力を合わせてひとつのことをするのも、仲良しでいるためのポイント。

一緒になにかをすることで、お互いの新しい一面が見えるはず。

また楽しいだけじゃなく、ときにはぶつかることもあるかもしれませんが、それを乗り越えていくたびに絆も深まるでしょう。

日頃からプチプレゼント

たまにプチプレゼントをして、感謝の気持ちを伝えるのも大切です。

誕生日やクリスマスなどのイベントではないので、大々的なプレゼントではなく、コンビニスイーツやハンカチ、お手紙など、手軽なものでOK! 

プレゼント自体ももちろん嬉しいですが、自分のために用意をしてくれた、という相手の気持ちが一番嬉しいですよね。

お互いの気持ちを形にして伝えることが、「互いを好きで居続ける」ことにつながるはず。

日々の付き合いにちょい足し!

ちょっとの工夫や努力でいい関係は長続きさせられるものです。

2人の関係に少しだけ新しいものを取り入れることで、新鮮さを保つことができます。

相手を思いやる気持ちを忘れないで、ずっと仲良しのカップルを目指しましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)