気になる男性ができると、なにかと悩んでしまうのがLINE。

返信の頻度やトークの内容など、なにが正解なのかよくわかりませんよね。

男性はどんなLINEをもらうと、うれしいのでしょうか。

そこで今回は、男性が思わずキュンとした、女性からのLINEを紹介していきます。

男性がキュンとする!ちょっとあざとい「モテLINE 」とは?

体調を気遣うLINE

「ちょっと疲れが溜まっているなって日に、職場の後輩から『元気なさそうでしたけど、〇〇さん今日はお疲れでしたか?』ってLINEがきた。

『俺のこと気にしてくれてたのかな?』と思ってうれしかったですね」(28歳男性/IT)

職場の人以外でも、学校、バイト先、男友達にも使えるこのメッセージ。

なかなか気付きにくい、体調の変化に気付いてもらえると、男性は女性の優しさを強く感じるよう。

ただしあまり話を掘り下げて、「なにかあったんですか?」とこちらから追求するのはNGです。

強引に距離は詰めず、「あまり無理しないでくださいね」などさりげない気遣いがポイントです。

特別扱いするLINE

「初デート後、あっちから『今日は楽しかったです!』『〇〇さんみたいな人、はじめて出会いました!』とLINEが来た。

『それってどういう意味だよ(笑)』と送りつつ、『俺ってそんなにほかの男と違うかな?』とテンションが上がりました」(27歳男性/住宅)

女性も男性も、異性からの「特別扱い」には気持ちが揺れてしまうもの。

この例のように、初デートのあとで、相手が楽しんでくれたか不安になりがちな男性に対しては、とくに響くはず。

それ以外にも「〇〇くんみたいな男の人って、全然いないよ!」や「〇〇くんにしか、話せないことなんだけど……」など特別扱いの仕方はさまざま。

特別扱いは相手に対するストレートな好意を表すため、少し勇気がいるかもしれませんが、その分高い効果が期待できるはずです。

女性からデートに誘うLINE

「ずっとやりとりしていた女性から『デートしたいって言ったら嫌ですか?』とLINEがきたときはキュンとしました」(27歳男性/販売)

とくに相手が多忙もしくはモテ男の場合、女性からデートに誘うのは緊張しますよね。

今回の例のように「デートしたいって言ったら嫌ですか?」や「落ち着いたらデートに誘ってもいいですか?」など、少し控えめに誘うのがポイント。

自信はなさそうだけど、頑張って誘ってくれた健気さに、男性はキュンとするでしょう。

少しあざといくらいでOK!

当たりさわりない内容のLINEだと好意に気づいてもらえず、ずっと2人の関係が進展しない可能性があります。

勇気を出して、少しあざといくらいのLINEを送るだけで、男性にも気持ちの変化が起きるはず。

ぜひ参考にして、気になる彼との距離を縮めてくださいね!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)