年上の男性は、頼り甲斐があって素敵ですよね。

しかし、結婚するとなると、同年代の男性との結婚とはまた違う、注意しなればならないことがいくつかあります。

そこで今回は、10歳以上年上の男性と結婚するときに、気を付けておきたいポイントを3つご紹介します。

幸せになるために♡10歳以上年上の男性と結婚する前に気を付けておきたい3つのポイント

老後のお金は十分か

年が離れていれば離れている程、老後のことをしっかりと考えておく必要があります。

たとえば、彼が20歳年上の場合、同年代の男性と比べて退職が20年早いということになります。

仮にあなたが専業主婦であった場合、年金だけで2人分の生活費を賄わなければなりません。

また、夫に先立たれた後はひとりで生活していくことになります。

結婚後は仕事を辞める予定だという方は、この辺りの確認が重要でしょう。

安定した収入が見込めそうか、貯金はあるかなど、経済的な面から老後のことを考えておくと安心です。

長い時間一緒に過ごせるか

結婚すると、付き合っている頃より長い時間を一緒に過ごすことになります。

年が離れていると世代も違ってきますから、話が合わないことも多々あるでしょう。

お互いの趣味なども違う場合、段々と一緒にいることに魅力を感じなくなってくる可能性があります。

あくまでデート中の彼しか見たことがない、という場合は、その一面だけで「きっと大丈夫」と考えるのはやめておきましょう。

事前に「彼と四六時中時間を共にするとどうなるか」ということを確認しておいた方が良さそうです。

夫の介護をどうするか

年齢を重ねると認知症などのリスクも高まるため、年上の夫が先に介護が必要になる可能性が高いと言えます。

そうなった場合、妻であるあなたが介護をしなければならなくなるでしょう。

経済的に余裕があっても、介護生活に疲れてしまい、トラブルに発展する事例も多いのが現実です。

年が離れているからこそ、軽はずみな気持ちではなく、よく考えて選択をする必要があります。

後悔しないためにも

20年後、30年後の未来を考えるのは、なかなか難しいですよね。

しかし、無計画に進めていると後々「しまった! 」ということになりかねません。

恋愛している「今」に集中しすぎて、先々のことまでは考えが及んでいないという方も多いと思います。

付き合っている相手との時間に夢中になりがちな方は、とくに注意しておきましょう。

(水林ゆづる/ライター)

(愛カツ編集部)