割り勘と言いつつ、食事は彼の方が多め。

クリスマスや誕生日にはいつも高価なものをリクエストされるのに、彼からのプレゼントはとくになし。

このように、世の中には女性を金づるにしようとする男性も存在します。

今回は、そんな男性たちにありがちな特徴と、遭遇してしまったときの対処法をご紹介します。

その手口は?女性を「金づる」にしたい男性の特徴と対処法

特徴1:突然豹変する

ヒモ予備軍の男性は、前触れもなく態度が豹変しがちです。

それまで気軽にLINEを送りあっていたのに、突然「そちらのLINEはご自由に。返信できるかは確約できません」など敬語で冷淡なメッセージを送ってくることも。

特に女性と金銭のやり取りが発生した後に起こります。

このような男性は、直接話し合っても態度を改めることはないでしょう。

ヒモ予備軍でなくても、モラハラ気質がある可能性があるため十分注意してください。

特徴2:最初はおごってくれる

最初から女性に「金目当て」で近づくことはありません。

初めてのデートではリッチなレストランに連れて行って、「ここは自分が持つから」など気前よくおごってくれることがあります。

しかしそれは、女性を大切に思っているからでもありません。

彼の目的は「最初にあなたに『貸し』を作っておくこと」です。

彼の真意を見抜くためには、2回目のデートで注意深く観察してみましょう。

割り勘を提案してくるならOKですが、「今度は君が出してくれるよね」などと言ってくる場合は少し気を付けた方がいいでしょう。

特徴3:女性の経済状況や実家を知りたがる

何回かデートを重ねていくうちに、自分の家族の話になることもあるでしょう。

そんなときに「あなたの実家が持ち家か、賃貸か」「親はどんな仕事をしていて、実家の経済状況はどうか」などばかり質問してくる場合は、要注意です。

彼は、相手自身のことよりも、相手の経済状況を気にしています。

試しに「実家が貧乏なの」「今の私の収入は、アルバイト程度で…」などと言ってみましょう。

ハッキリと嫌そうな顔をしたら、その男性は女性を「金づる」と思っている証拠です。

遭遇したときの対処法

運悪くこのような男性に遭遇してしまった場合、とにかく「借りを作らない」ことが大切です。

予防策として、最初のデートは割り勘にすると心に決めるのも良いでしょう。

また、どのような男性とデートするときでも「私は金づるにはなりません」という毅然とした態度を見せて。

それによってダメ男からイヤな事を言われるかもしれませんが、後々金品をせびられるよりは安全です。

金づるになる隙を見せないで

このようなタイプの男性は、調子に乗るとどんどんつけ上がります。

絶対に、金づるになる隙を見せてはいけません。

「相手に嫌われたらどうしよう…」などと考えず、毅然とした態度で対応しましょう!

(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)