気になる男性とのお食事デート。

せっかくなら彼にいい印象を与えたいですよね。

食事中のふるまいはもちろん重要ですが、それよりも食事後のふるまいを男性は見ているようですよ。

そこで今回は、男性がお食事デートで思わずキュンとするふるまいを3つご紹介します。

思わずキュン♡お食事デートのお会計でのベストなふるまいとは?

男性を立てる

お会計でかっこつけさせてくれる女性に、男性は思わずキュンとしてしまうもの。

さっとクレジットカードを出しスマートにお会計、そんな姿に憧れを抱いている男性は少なくないはずです。

一方で女性は「いつも奢ってもらうのは悪いな」「お金を出さない女だと思われたくない」と思うこともあるかもしれません。

しかし、レジ前で「いいよ割り勘で!私も払うから!」と言うのはNG。

男性のプライドを傷つけてしまう可能性があります。

レジでは彼に払ってもらい、後から半分渡すのがおすすめ。

自分のことを立ててくれる女性に、男性は「また食事したい」と感じるでしょう。

財布を出して払う意志を示す

お会計時に財布を取り出して自分も払う意志を見せてくれる女性に、キュンとする男性も多いです。

彼に「いいよ、ここは俺に払わせて」と言われたら、素直に「ありがとう」と引っ込めましょう。

かっこよくふるまいたいと思う反面、毎回全額負担するのは厳しいと感じている男性は少なくないはず。

男性の気持ちをくみとれる女性は長く愛されますよ。

店員さんにお礼を伝える

お店を出る際店員さんに「ごちそうさまでした」とお礼を言える女性に、男性は「キュン」とすることがあります。

周りの人に気配りができたり、感謝の念を抱ける女性だと好印象を持つのだそう。

「美味しかったです」と一言付け加えると、さらに好印象ですよ!

また食事がしたいと思われる女性に

男性は周りからどう見られるかを常に意識しています。

とくにお金が絡む場面では、かっこよくふるまいたいと強く思うもの。

「この子とまた食事したい」と思われるためにも、さりげなく男性を立てられる女性でありたいですね。

お食事デートはお会計のときも気を抜かず、男性への感謝も忘れず伝えましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)