「嫉妬」はときに、恋する気持ちを加速させる力を発揮することも。

しかし行き過ぎると、恐怖や不安、疲労に変わる可能性があります。

今回は、干支別に、じつは嫉妬深い男性TOP3をご紹介します。

彼の意外な一面を知れるかも?

ぜひチェックしてみてくださいね。

【干支占い】隠してるつもりでも…?じつは「嫉妬深い男性」TOP3

3位:戌(いぬ)年生まれ

【ナチュラルに嫉妬する】

戌(いぬ)年生まれの男性は、ナチュラルに嫉妬するタイプ。

そして嫉妬すると、それを女性に伝えることも多いようです。

「そんなに男ばっかの飲み会に行くのってどうなの?」「職場の人だとしても、男と2人でランチとかはあんまり」などのように、自分の気持ちをストレートに伝えることも。

彼自身、そんなことに嫉妬するのは非常識とはわかっていても、恋人への気持ちが強く、嫉妬心を抑えられないみたい。

2位:酉(とり)年生まれ

【プライドの高さが嫉妬に】

酉(とり)年生まれの男性は、なにごとも完ぺきを目指す傾向があります。

自分にも厳しい、まっすぐな努力家タイプ。

プライドが高く、「ほかの男性と比べられた」と思うと、機嫌を悪くすることも。

それが自分よりもレベルが下の男性だと納得がいかず、レベルが高いなら高いで嫉妬と羨望でいっぱいになってしまうようです。

1位:巳(へび)年生まれ

【妄想して嫉妬する】

巳(へび)年生まれの男性はかなり慎重で、彼女に自分の心を開くのも、距離を縮めるのもじっくり時間をかけるタイプ。

一度心を開いた彼女がほかの男性のことを気にしていたら、「裏切られた」と感じて悲しむのだとか。

また彼は、妄想することも多いです。

ちょっとしたきっかけから、あることないことを考え、膨らませ、勝手に嫉妬してくる……なんてことがあるかもしれません。

そのうち本当なにもないのに、いきなり嫉妬してくることもあるでしょう。

ほどほどがイチバン!

嫉妬されると、かわいらしさやうれしさを感じることもあるのではないでしょうか。

しかし過剰になると、束縛などの重い言動につながる可能性も。

自分自身の嫉妬心だけでなく、彼の嫉妬心とも上手に付き合っていけるといいですね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)