彼と会えない日々が続くと、寂しさが募りますよね。

とはいえ、何度も連絡して「重い」と思われたくはありません。

彼にキュンとしてもらいつつ、会いたい気持ちを上手に伝える方法はないのでしょうか?

そこで今回は、彼にかわいく「会いたい」を伝えるLINEのテクニックを3つご紹介します。

思わずキュン♡男性に「会いたい」を伝えるかわいいLINEのテクニック3選

「もう、しーらないっ!」&スタンプ

「お互いに予定が合わず、全然会えていなかったのですが、彼女が『もう○○くんなんてしーらないっ!』の後に、泣いているスタンプを送ってきて。

寂しい思いさせちゃってるな……と反省しました」(33歳/広告)

「もう知らない」だけだと本気で怒っている印象を与えてしまいますが、かわいい絵文字やスタンプを使えば、とげとげしさがなくなります。

さらに「早く会いたいよ~(泣)」と素直な気持ちをプラスして送れば、彼もキュンとするはずです。

「ほんの少しでいいから会いたいな」

「彼女が、俺が忙しいのをわかっていて『ちょっとでもいいから会いたいな』とLINEしてきたんです。

もうかわいすぎて、その日はなる早で仕事を終わらせました!」(32歳/商社)

「仕事と私、どっちが大事なの?」と迫ることなく、彼を気遣うのも大切です。

会いたい気持ちも伝わるので、彼からの返事に期待できますよね。

「ちょっと」や「少し」といったニュアンスを入れて、けなげさをアピールしましょう。

「大変!最後に会ったの○日だよ!」

「『○○くん大変! 私たち最後にデートしたの○日だって!』『もう2週間も経ってる~。○○くんに早く会いたいな!』とLINEが来たときはフフッてなりましたね。

当然怒る気にもならず、『本当だ、大変だね! じゃあ○日なんてどうですか?』って返しました」(28歳/IT)

「次いつなら会えるの?」「最近忙しいばっかりだよね」など、男性を責めるニュアンスが入るとLINEも不穏な空気になりがち。

彼も「重い」「面倒くさい」と感じて、既読するしてしまうかもしれません。

会いたい気持ちを伝えるのなら、ややおどけるくらいがおすすめ。

少し上級のテクニックですが、適度に絵文字やスタンプを使って、彼を明るく誘ってみましょう。

かわいいLINEは、彼を責めない姿勢が大切!

男性もあなたを避けているわけではなく、忙しくて会えていない場合がほとんど。

そのため深刻すぎる「会いたいLINE」が送られてくると、「いきなりどうした……」と引いてしまいます。

彼に会いたいのなら、彼を責めたり悲観的になったりせず、返信しやすいライトな文章で送ってあげてください。

そのほうが彼も「全然会えてなくてごめんね」と、早急に次のデートを考えてくれるはずですよ!

(和/ライター)

(愛カツ編集部)