カフェや美容院の店員さんに惹かれてしまった……なんて経験はありませんか?

とはいえ、あくまでも「お客さん」の立場では距離を縮めるのもなかなか難しいもの。

今回は、店員さんへのアプローチ方法をご紹介します。

カフェ、美容院、コンビニなど…「店員さん」へのアプローチ方法

地道に通い続ける

店員さんへの片思いを成就させるには、まずはただの「お客さん」から抜け出す必要があります。

お店には毎日何人ものお客さんがやってくるので、そのなかの1人として覚えてもらうには印象に残すのがポイント。

何度もお店に通った、同じメニューばかりを頼んだりすることから始めましょう。

相手が美容師であれば、指名をするのもオススメです。

まずはできることから少しずつ、積み重ねていきましょう。

ていねいに接する

相手にいい印象を与えるためには、接し方も大切です。

接客してくれる店員さんとは、会話をする機会がたくさんあるはず。

飲食店であれば「美味しかったです」「ごちそうさまでした」、美容院であれば「この髪型とっても気に入りました」など、プラスアルファの一言を伝えられるといいですね。

相手から見た自分を想像し、言葉遣いや表情にまで気を遣ってみましょう。

連絡先を渡す

連絡先を渡す

思い切って連絡先を渡すことで、一気に関係性が進展する可能性があります。

お店に通いつめて、関係性ができあがってから連絡先を交換するのもありですが、関係性ができる前に渡すと、好意がダイレクトに伝わることも。

2人きりになったタイミングで、こっそり連絡先を渡してみるのもいいかもしれません。

ただ、突然すぎると相手に恐怖を抱かせる可能性もあるので、タイミングをしっかり見計らいましょう。

焦らず行動するのがポイントに!

相手は仕事中なので、それを邪魔しないことが大前提です。

会話で仲が深まっていけば、チャンスはゼロではないはず。

ゆっくり時間をかけて、距離を縮められるといいですね。

(愛カツ編集部)