好きな人のことを思い続ける女性は、「一途」だと呼ばれます。

しかし、その行動が度を越えていると男性から「重い」と言われてしまうことも……。

今回は、一途な女性の行動に注目してみました。

重い女性との差は、いったいなんなのでしょうか?

同じ行動でも…「一途な女性」と「重い女性」の違いって?

相手に理想を押し付けない

一途な女性は、好きな人に自分の理想を押し付けません。

たとえば自分の思い通りにいかなかったときに「なんで私の気持ちを理解してくれないの?」などと怒りを表に出さない傾向があります。

かと言って、なんでも相手に合わせるというわけではありません。

一途な女性は、好きな人と理想を共有します。

たとえ理想通りにいかなくても、無理に行動を起こさず、自然な関係を続けるようです。

ひとり時間を充実させられる

一途な女性は、一人きりの時間も上手に使います。

たとえ好きな人と会えない日が続いても、無理やりデートの予定を入れようとはしません。

代わりに夢中になれる趣味の時間を作ったり、仕事や勉強を頑張ったり。

好きな人と良好な関係を築きつつ、恋愛以外のことも上手に楽しめる女性こそ「一途な女性」と言えるでしょう。

LINEの文章量が適切

文章量だけでも印象が大きく変わるLINE。

一途だと思われる女性は、短すぎず、長すぎないメッセージを送ります。

短文できたら短文で返し、長文できたら長文で返すという傾向があるようです。

相手のテンションに合わせた会話ができる人ということでしょう。

かわいいと思える束縛

重いと思われやすい束縛も、内容によってはプラスに働くようです。

たとえば好きな人が飲み会などに行って、なかなか連絡がつかなくなってしまった場合。

「何で返事しないの?」と怒っているように送ると重い印象になりますが、ちょっとコミカルに「おい!既読スルーは悲しいぞ!」といったようにメッセージを変えるだけで印象は大きく変わります。

一途と思われる人は単に怒りをぶつけることはせず、かわいく束縛して彼をトリコにしているというわけです。

違いは気持ちの伝え方

好きな人のことを強く思って行動したとき、一途に思われるかどうか。

それらは、気持ちの伝え方によって変わります。

怒りやネガティブな感情は「重い」と受け取られてしまうので、できればそのままの感情をぶつけるのではなく、甘えるようなメッセージに変換してから伝えるといいでしょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)