必ずしも「いい夫になる男性」の特徴に合致した人と結婚して、幸せが手に入るとは限りません。

付き合ってる頃はよかったけど、結婚してから「合わないかも……」と気づくパターンもあるでしょう。

今回は、相性を見極めておきたい男性のタイプを3つご紹介します。

本当に幸せになれる?じつは注意したい「イイ男」のタイプ3つ

しっかり貯金する節約家タイプ

借金がある男性は危険だとわかりますが、貯金が多い男性も人によっては相性が合わないかもしれません。

とくに貯金をすることが目的となっている男性は、家族のために使ってほしい場面でお金を出してくれない可能性があります。

自分自身の金銭感覚とすり合わせながら、相性を見極めた方がいいでしょう。

思いきり使う豪遊タイプ

彼氏がおごってくれたり、旅行に招待してくれたりすると、うれしい気持ちになりますよね。

お付き合いしている頃は、豪快な彼のおかげで楽しいことが増えていても、結婚後もその豪快さが続いてしまうとストレスを感じやすくなります。

将来のため、子どものためにお金を使いたくても、独身のままの金銭感覚でお金を使われるかもしれません。

このようなタイプも、自分自身の金銭感覚に合うかどうか見極めながら結婚を考えた方がいいでしょう。

「容姿よりも中身重視」と宣言するタイプ

容姿よりも中身を重視する男性は、一見素敵に思えます。

しかし、大人なら生き方や性格が顔に現れるもの。

「好きだな」と思える顔の相手を選ぶのも一理あるのです。

それらを否定し、恋人や妻に「高望みはしないから」というような男性は女性の自尊心も傷つけます。

「顔は関係ない」より「君の顔が好きだから」と言ってくれる男性の方が、結婚後も幸せな生活を送れるでしょう。

ささいなズレが結婚後の生活に響く?

誰しも「恋人」と「結婚相手」に求める条件は異なってくるものです。

相性を見極めるためには、今は長所に見える部分も、「家族がだったらどうかな?」と考えてみることが大事。

今回ご紹介した内容を参考に、素敵な結婚相手を見つけてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)