素敵な恋愛を長続きさせるうえで「愛情表現」は欠かせません。

相手に気持ちをはっきりと伝えることで、受け取ったほうもうれしい気持ちになるものです。

しかし愛情表現とひと口に言っても、どうすればいいのかわからなくなる女性も多いでしょう。

そこで今回は、男性が思わずドキッとする「愛情表現」の仕方を4つご紹介します。

長続きする♡男性が思わずドキッとする4つの「愛情表現」の方法

言葉で好意を伝える

「好き」「愛してる」「いつもありがとう」

こうしたストレートな言葉で好意を伝えると、男性の自信に繋がります。

男性は女性よりも物事をシンプルに考える傾向があり、遠回しな表現だと伝わらずにすれ違いの原因となることもあるでしょう。

そのため、感謝の気持ちやほめ言葉は、定期的に伝えていくことが大切です。

なにを伝えたいのかを整理して、なるべく「わかりやすい言葉」を意識してくださいね。

ほめて認める

ただ「好き」と伝えるだけでなく、男性のモチベーションを上げることがポイント。

ちょっとした変化に気づいて、言葉にしてほめたり認めたりすることで、男性の承認欲求や自尊心を満たしてあげましょう。

男性はプライドが高い人が多いので、ほめるというのは効果絶大の愛情表現です。

とくに見た目についてほめるよりも、目に見えない内面のことをほめるほうが喜ばれるので、積極的に彼の良いところを見つけていきましょう。

自分からスキンシップをとる

手を繋いだり甘えたりといった「女性からのスキンシップ」は、男性に深い愛情を実感させます。

受け身な女性と過ごしていると男性は愛情を感じられず、欲求不満になることも少なくありません。

最悪の場合、別の女性のところに行ってしまうことも……。

女性からもスキンシップの機会を増やすと迷いや探り合いがなくなり、恋愛に熱中できる環境が整いやすくなります。

恥ずかしがらずにスキンシップをとるよう意識してみてくださいね。

頼ったり甘えたりする

男性は、本能的に「守りたい欲求」や「独占欲」を持っているものです。

適度に頼ったり甘えたりできると、男性の欲求を刺激できて恋愛が進展するきっかけになります。

自立心を持つことはとても大切ですが、自立しすぎると今度は男性の「彼女を支える役割」を奪ってしまうことにも繋がりかねません。

彼にしっかりと頼って甘えることで、男性が考える「頼りになる自分」を実現させてあげましょう。

ただし、なんでも頼りすぎると重く感じさせてしまうこともあるので、やりすぎには注意してくださいね。

積極的に愛を伝えて

「愛情表現」と聞くと、「好き」「愛してる」などの言葉をたくさん伝えるイメージが強いと思います。

しかし、愛情は言葉だけで伝えるものではありません。

彼の様子を見ながら、相手の心に届く形で愛を伝えていきましょう。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)