付き合いが長くなると、お互いのことをよく知り、2人の信頼関係も深くなりますよね。

ですが、どんなにお互いを愛し合っていても、忘れてはいけないことがあります。

今回は、ずっとラブラブなカップルでいるための、長続きの秘訣を3つご紹介します。

ずっとラブラブでいるために♡忘れてはいけない「長続きの秘訣」3つ

プライベートを侵さない

どんなにラブラブなカップルでも、相手に知られたくないことや、ひとりになりたいときはありますよね。

相手の秘密を詮索しようとしたり、ひとりになりたがっているのに「別にいいじゃん」と無理を言って一緒にいようとするのはやめましょう。

「自分がされて嫌だ」と感じることはしない、人間関係の基本ですよね。

付き合っているからこそ、お互いがプライベートな時間を持つことは長続きの秘訣と言えるでしょう。

感謝を忘れない

ご飯をおごってもらったときやプレゼントをもらったときなど、相手から何かをしてもらったときは、感謝の言葉を忘れずに伝えましょう。

感謝をすることは人として当たり前ですが、付き合いが長くなると、「言わなくても伝わっているだろう」とおろそかになりがちです。

相手が自分のためにしてくれたことには、必ずお礼を言うようにしてください。

お洒落に手を抜かない

「付き合いは長いし、すっぴんも見せてるし、今更お洒落や美容に力をいれなくてもいいよね……」というのはNG!

むしろ付き合いが長いからこそ、お洒落や美容を頑張るべきなんです。

長く一緒にいると、付き合い始めの新鮮な気持ちが薄れていき、恥じらいもだんだんと忘れていってしまうのが現実です。

ですが、それでは彼から愛想をつかれてしまいます。

「付き合い始めた頃より、今の方が断然可愛い!」と思ってもらえるように、自分の魅力を磨き続けることは忘れないようにしましょう。

相手も同じ気持ちと決めつけないで

親しい付き合いになるほど、自分と相手の境界があいまいになっていきます。

「自分はこう考えているのだから、相手も同じ考えのはずだ」と無意識に決めつけていませんか?

どんなに親しくても、交際期間が長くてラブラブでも、あなたと彼は別の人間です。

自分の思い通りにならなくても、それが当然のこと。

話し合い、お互いを理解し合うことで、愛を深めていきましょう。

(東雲ほたる/ライター)

(愛カツ編集部)