大好きな彼とのキスは、特別な時間でしょう。

そんなキス中、手をどこに置くかを意識したことはありますか?

今回は、彼をドキッとさせるキス中の仕草をご紹介します。

ぜひチェックしてみてくださいね。

気分高まる♡彼をドキッとさせる「キス中の仕草」5選

首元に触れる

「彼女はキスするとき、いつも俺の首に手を添えてくるんです。いつもとは違うちょっと色っぽい感じに、ドキドキしちゃいますね」(24歳男性/メーカー)

日常生活のなかで、首元を触られることはなかなかないでしょう。

キスするくらい密着しているときは、そんな首元に自然に触れるのもいいかもしれません。

少し動かすようにすると、さらにドキッとさせられそうですね。

髪の毛をなでる

「キスしながら髪の毛をなでられたり、くしゃっとされたりすると、ドキッとしますね。なんか照れる」(23歳男性/公務員)

髪の毛に軽く触れたり、指の間に通すようになでたりするのも効果的なようです。

素肌に触れるわけではないので、比較的試しやすいのではないでしょうか。

腰に手を回す

「キスするときに腰に手を回してくるのってすごくかわいいですよね。なんか守りたいって気にさせられます」(27歳男性/人材)

キスをしているときに、彼の腰に手を回して引き寄せるのもいいかもしれません。

求められている感じがしてうれしいという意見が多かったです。

頬を包み込む

「キスするときに優しく両頬に手を添えられると、愛されてるって感じがするし、かわいいなぁとも思います」(28歳男性/福祉)

誰かに顔を触られる機会はなかなかないので、キス中ならではの仕草だといえそうです。

優しく包み込むように触れてみると、彼に愛を感じさせられるかもしれませんよ。

手の位置を変えていく

「最初に腰にあった手が背中に、肩に、首に……って感じでどんどん上に上がってくるのってすごいドキドキしますね」(27歳男性/デザイナー)

キスが長くなるにつれ、手の位置を変えていくのは上級テクですね。

自然と「次はどこ?」と意識してしまうようです。

さらに気分を高められるかもしれません。

ちょっとした工夫でドキドキ倍増♡

彼とのキスといっても、その場やそのときのシチュエーションによって気分も変わってくるのではないでしょうか。

さらにドキドキさせたいと思うときには、今回ご紹介したテクニックを試してみてくださいね。

(愛カツ編集部)