付き合って数年経つのに、まったくプロポーズする気配を見せない彼氏。

なにを考えているのか、気になりますよね。

今回は、結婚を先延ばしにする男性の本音に注目してみます。

結婚願望があっても…プロポーズを先延ばしにする男の本音

先延ばしにする男性と結婚していいの?

たとえ結婚する意志があったとしても、あれこれ理由をつけて先延ばしにする男性を結婚してもいいのでしょうか?

「独立して仕事を安定させたいから5年待って」とか、「転勤で3年は帰ってこないけれど待てる?」などと言ってくる男性からのプロポーズは安易にOKしないほうがいいでしょう。

好きな気持ちだけでは結婚は成立しません。

人生設計を考えるうえで、「5年待つのは非現実的だな」と少しでも感じたら、潔くお断りすることが大事です。

重要なのは自分が幸せになれる未来を想像できるかどうか。

彼のことを待ち望んだ後の生活が、具体的にシミュレーションできない場合、結婚は難しいでしょう。

結婚する気がある男性は…

プロポーズしてくれないけど、結婚願望がある男性は「仕事が一区切りついたら」「この資格に合格したら」と明確な区切りを伝えてくれます。

結婚は誰にとっても人生のターニングポイントです。

彼女の願いを聞いて簡単にプロポーズする人は、かえって怪しいでしょう。

彼が結婚を先延ばしにする理由がはっきりとわかれば、安心できます。

結婚の話題を出すときは、お互いに感情的にならず冷静に話し合いましょう。

結婚する気がない男性は…

年齢的にそろそろ結婚と思っても、なかなかプロポーズしてくれない彼氏。

「結婚は面倒くさいけど、彼女とは別れたくない」と考えているかもしれません。

むやみに結婚したいアピールをするのは逆効果。

結婚願望をにおわせる前に、「将来はどんなふうに過ごしたい?」など未来の話をしてみるといいでしょう。

そのときに、彼に対して少しでも不安を抱くような場合は、諦めた方がいいかもしれません。

どう説得する?

彼氏の考えを変えるのは難しいことでしょう。

そのため、彼氏の説得に時間と労力をかけることはおすすめしません。

もしうまくいって結婚できたとしても、ことあるごとに夫から「お前が結婚したいと言ったから、してやっただけ」と文句を言われる可能性があります。

そんな家庭生活に幸せはないでしょう。

結婚したい時期に婚約するために

「〇〇歳までに結婚したい」など目標を掲げている女性は多いでしょう。

そんなあなたの気持ちを理解できない男性は、そもそも結婚の相性が良くないのかもしれません。

お互いに相手の考えを汲むとしても、彼が一方的に従わせようとしたり、そもそも結婚を望んでいなかったりするなら、相手選びからやり直したほうがいいでしょう。

面倒くさい……と思う気持ちはよくわかります。

でも、結婚はその後の人生を決めるものなので、どれだけ慎重になってもやりすぎではありません。

妥協のない結婚を求めることが幸せにつながりますよ。

(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)