話を聞いてもらうことで女性がストレスを解消する一方で、それに付き合う彼は逆にストレスを溜めている、なんてことがあるかもしれません。

適度な愚痴はお互いの信頼によい影響を与えるけれど、度を越せば逆に気持ちを冷めさせてしまうかも。

そこで今回は、男性が彼女から「聞きたくない話題」を3つご紹介します。

正直ウンザリ…男性が彼女から「聞きたくない」4つの話題とは

女友達の愚痴

彼女の親友だと思っていた女性の愚痴を言われたら、「えっ?仲良しじゃなかったの?」「一緒にいる時はニコニコしているのに裏では悪口?」と男性はドン引きしてしまうかも。

あなたの裏の顔に戸惑い、「もしかしたら自分も裏では……?」なんて疑ってしまうかも。

女性にとっての「愚痴」は、不満を溜めすぎないための「ガス抜き」の意味合いがあるのかもしれません。

しかし、それを理解しがたいと感じる男性も存在します。

表裏が激しい女性と思われ、距離を取られる可能性もあるので、好きな人の前での愚痴はほどほどに。

遠回しな自慢

たとえば「この前、『○○ちゃんは、可愛いから上司に好かれて得だよね』なんて同僚から嫌味言われちゃった」といった遠回しな自慢は、聞いていて呆れてしまうという男性も多いはず。

また、仕事上のことでも「今仕事で手がけているプログラムが面倒で……」という発言も、裏を返せば「私はこんなに難しい仕事を任せられているんだよ!」と自慢していると思われるかもしれません。

自慢をしたいのなら、「難しい仕事任されちゃった!うれしい!」とストレートに言ったほうが好印象ですよ。

嫉妬心をあおる愚痴

「最近しつこく連絡先聞いてくる人がいるんだよね」
「元彼が最近SNSにコメント入れてきたの」
「好きじゃない人から告白されて困ってるの」

このような、彼の嫉妬心を煽る愚痴を言うのはNGです。

しかも、あなたもまんざらでもなさそうな感じであるならば、なおさら彼をイライラさせてしまうでしょう。

愚痴ではなく、不安や心配事を相談したいということなら、彼は喜んで力になってくれるはずです。

本当に困っているなら、相手を不快にさせない表現で、彼に助けを求めてくださいね。

ネガティブな話題は少なめに

女性から愚痴や不満を打ち明けられることを、「頼りにされている」と喜ぶ男性もいますが、度を越した愚痴には彼も嫌気がさしてしまいます。

せっかくの2人の時間がネガティブな話題ばかりになることを、不満に思うかもしれません。

彼に余計なストレスをかけないためにも、お互いが楽しめるコミュニケーションを意識しましょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)