交際期間が長くなると、良くも悪くも一緒にいることが当たり前になってきます。

しかしその結果、相手への思いやりを忘れて、一線を越えてしまうことは避けたいですよね。

今回は、好きな人とずっと仲良しでいるための「長続きの秘訣」を3つご紹介します。

ずっと仲良しでいたい…彼氏と長続きさせるための秘訣とは

コンプレックスを攻撃しない

関係が長続きすることで、だんだんと相手のことが分かっていき、コンプレックスも把握していくでしょう。

知り尽くしているコンプレックスだけに、ケンカになったときに、ついそれを指摘してしまうこともあるかもしれません。

そこが彼の痛いところだということも、彼を傷つけることも知っているのに……。

いくら恋人同士で意思疎通のできる仲だと言っても、やってはいけないことです。

積み上げてきた愛情も信頼も一気に崩れてしまいかねません。

険悪なムードになったときこそ、まずは冷静に、一呼吸おいてから発する言葉を考えましょう。

家族や友人関係に口出ししない

愛する恋人であっても、自分の家族や友達のことを悪く言われたら、誰しも良い気持ちにはならないですよね。

交際相手の家族や友人関係のことを悪く言うことは避けましょう。

お互いのプライベートな関係を尊重することが、信頼を保つ秘訣です。

ただ、どうしても気の合わない友達や親族と対面する可能性はあります。

心で思うことは自由だし、わざわざ親しく付き合う必要はないので、せめて口に出したりはしないようにしてくださいね。

相手のプライバシーを尊重する

愛し合ってる、気を許し合ってるカップルなら、すべて共有するべき、なんてことはありません。

プライバシーに平気で踏み込んでしまうのはNGですよ。

たとえば、彼の家に行ったとき、恋人とはいえ、冷蔵庫を勝手に開けたり、引き出しをのぞいたりしてはいけません。

見たいのであれば、一声かけるのがマナーです。

やましいことはなくても、土足で踏み込む態度を彼は不快に感じることでしょう。

話し合ってお互いが納得したもの以外は、自分のものと彼のものをしっかり線引きして扱ってくださいね。

恋人同士でも最低限のルールとマナーを

付き合いが長くなると、気を許せる相手なだけに、礼儀やマナーがおろそかになることもあるでしょう。

でも、気づかずに踏み越えた一線が別れの原因となる場合もあります。

恋人だからといってなにをしてもいいわけじゃないし、むしろ恋人だからこそ、相手がどう感じるかを一番に考えるべきですよね。

仲が深まるほど、超えてはならない一線を意識することが、長続きの秘訣です。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)