モテない服装

生まれ年の干支を使った干支占いは、その星や自然の巡り合わせから、運命や運勢を占うことができる占術です。

天下のまわりものである金運も、干支が持つ運命の一つ。

今回は、干支別に「金運」を上げるポイントをご紹介します。

前編に引き続き、午(うま)年から亥(いのしし)年までの発表です。

【後編】干支でわかる!あなたの「金運」を上げるポイントは?

午(うま)年生まれ

【傷みの激しい財布は使わない】

自分の財布をチェックしてみてください。

財布の角やマチの部分などがボロボロになっていませんか?

大ざっぱさは午(うま)年生まれの魅力ですが、傷みの激しい財布を使い続けるのは、穴が開いた金庫を使い続けるのと同じ。

きれいな財布を持つだけで、金運が上がりますよ。

未(ひつじ)年生まれ

【汚れたお札や硬貨から使う】

未(ひつじ)年生まれは、無垢な運命の持ち主。

お金に入っている邪念には弱いかもしれません。

とくに汚れているお札は邪念が強く、本来は豊かな未年の金運を下げてしまいます。

お金を使うときは、汚れたお札や硬貨から使うようにすれば、金運が上がるでしょう。

申(さる)年生まれ

【クレジットカードを使う】

見栄っ張りな性格の申(さる)年生まれ。

金運をもたらすのは、クレジットカードです。

年会費やサービスを厳選し、見た目がきれいなカードを1枚持ち歩きましょう。

カードに愛情を注ぐことで浪費グセがなくなり、金運も上がっていきます。

酉(とり)年生まれ

【カエルやカメのお守りを身につける】

生まれ持った優秀なスキルで金運を上げる酉(とり)年生まれ。

さらに金運を上げるには、酉年と相性のいい多産系のカエルやカメのお守りがよいでしょう。

カエルには元をとる効果が、カメは蓄財効果があります。

お守りが汚れないよう注意してください。

戌(いぬ)年生まれ

戌(いぬ)年生まれ

【「お友達を連れて戻っておいで」と念じる】

情に厚い戌(いぬ)年生まれは、他人を助け、他人に助けられて金運が上がっていきます。

もともとの性格が金運を呼ぶわけですが、さらに金運を上げたいなら、支払いのときにお札を取り出しながら「お友達を連れて戻っておいで」と念じると、効果が絶大となります。

亥(いのしし)年生まれ

【浪費と節約を心がける】

亥(いのしし)年生まれは持って生まれた運の器が大きく、大きな金運が入ってきやすいのですが、出ていきやすいともいえます。

ですので浪費と節約を心がければ、自然と金運は上がるでしょう。

月一で自分の資産を確認するだけでも、金運アップの効果が出るはずですよ。

大事なのは流れを止めないこと

金運を上げるには、お金の流れを止めないことがポイントになります。

使いすぎるだけでなく、貯め込むのもよくないようです。

流れを意識しつつ、自分に合った方法で金運を上げていってくださいね。

(星谷玲香/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】子年~巳年のあなたの「金運」を上げるポイントは?