好きな人と良い関係になっても、相手が不快に思う行動をとってしまったら一気に脈なしになってしまいます。

真剣な恋愛に発展させるためにはどのようなことに気をつければいいのでしょうか?

今回は、好きな人の前でやってはいけない5つのことをご紹介します。

脈なしに…好きな人の前でやってはいけない5つのこと

愚痴が多い

イライラしていると、つい愚痴っぽくなってしまうのは誰でもよくあること。

しかし、「この子はいつも人の愚痴ばかり言ってる」と思われてしまうと、無意識に彼から距離を置かれてしまうでしょう。

心理学的に見ても、人の気分や感情は相手に伝染しやすいと言われているので、いつも愚痴っぽい人と一緒にいると話を聞いている自分までイライラする気分になってしまいます。

愚痴だけでなく「あれはダメ。これはダメ」など細かい指摘が多いと、親に注意される子どものような気分になってしまう人もいるようです。

頻繁にスマホチェック

自分が話しているときに、相手がずっとスマホをチェックしていたら、「あ~この人、全然私の話聞いてくれてないな~」って思います。

スマホを見ている側は、悪気なくやっている場合もあるかもしれません。

しかし、自分が真剣に話しているのに片手間で話を聞かれるとちょっと嫌ですよね。

スマホが手放せないタイプの人ほど、注意しましょう。

他の男の話題ばかり

他の人の話題が多いと、なんだかつまらない気持ちになってしまいませんか?

とくに他の男性を褒めたり、尊敬したりするような話題は、男性にとってあまり面白いものではありません。

好きな人にこそ、まずは「あなたは私にとって大切な存在なんです」ということを伝えてましょう。

食事マナーができていない

もしも好きな人とデートに行けたとしても、食事のマナーができていないとマイナス印象になってしまいます。

本人は美味しそうに食べてるけど、一緒にいる側は結構キツいと思っている可能性も……。

日頃から食事のマナーについて気をつける習慣をつけておきましょうね。

おごられっぱなし

男女のおごり問題。

男性のなかには、自分からおごりたいと申し出る人もいるでしょう。

そんなときは、無理に割り勘を提案せず、甘えるのもありです。

しかし、そのままお礼もなく「おごられて当然」という態度を見せるのはNGです。

なんでも男が払うべきだという考え方は止めた方がいいでしょう。

無意識にNG行動しているかも?

好きな人と距離を縮めるためには、一つひとつの行動が重要です。

今一度、自分はこのような行動をとっていないか振り返ってみてはいかがでしょうか?

(阿部田美帆/ライター)

(愛カツ編集部)