仕事に趣味、自分の時間……と、恋愛よりも優先すべきものがたくさんある男性を好きになると、距離を縮めるのは大変かもしれません。

焦って無理やり押せば、完全に嫌われる可能性もあります。

今回は、多忙な男性へのアプローチをご紹介します。

焦らないのがポイント!多忙な男性へのアプローチ4つ

そっとしておく

「本当に忙しくていっぱいいっぱいのときには、とにかく放っておいてほしいというのが本音ですね。それをわかってくれる女性には好感を持ちますね」(33歳男性/金融)

彼が大変そうなときには、「なんとかしてあげたい」や「力になりたい」と思う方も少ないくないはず。

しかし本当に忙しい男性は、それにもかまってられないと思うこともあるのだとか。

あえてそっとしておくことも、彼らにとってはありがたいことのようですよ。

素直に喜ぶ

「久しぶりに会えたときに、めちゃくちゃうれしそうな女性の姿を見ると、キュンキュンしちゃいます。付き合いたくなる瞬間でもありますね」(28歳男性/美容師)

仕事で忙しい男性とい定期的に会うのは難しいかもしれません。

だからこそ、久しぶりに会えるときにうれしそうにしてくれるとキュンとするのだとか。

恥ずかしがらずに思いを伝えるのがよさそうです。

連絡を急かさない

「仕事に追われているときには、LINEを送られても返信する余裕がないです。それに対して文句を言われるのは、さすがにこっちもイライラしちゃいますね」(32歳男性/飲食)

会えないときこそLINEでつながりたいと思う人もいるかもしれませんが、忙しいときにはその余裕もないという男性も。

なにか連絡をするときには、「忙しいのにごめん」や「返信はいつでもいいから!」など気の利いた一言を伝えられるといいですね。

返信を強要しないのがポイントになりそうです。

短時間デートも楽しむ

「忙しいときは、仕事終わりに軽く飲むくらいしかできない。それでもいやな顔をせずに付き合ってもらえると、『いい子だな』って感じますね」(29歳男性/メーカー)

忙しい男性は、まとまった時間をとれないことも。

だからこそ、短時間デートでも喜んでくれる女性に安心感を抱くようです。

「丸一日じゃなきゃヤダ!」と言わず、時間を作ってくれたことに感謝できるといいですね。

焦りは禁物!

忙しい男性は、恋愛を二の次、三の次にする傾向があります。

そのため、すつこく迫ったり無理やり押したりすると、かえって嫌われる可能性も。

焦らずじっくり、長期戦で攻めましょう!

会えない時間も充実させられるといいですね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)